Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ロマン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロマン
Romains, Jules
[生]1885.8.26. オートロアール,サンジュリアンシャプトイユ
[没]1972.8.14. パリ
フランスの小説家,詩人,劇作家。本名 Louis Farigoule。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) に学び,しばらく教壇に立つ。宇宙的一体感,個人をこえた集団の意識を認めるユナニミスムを唱え,アベイ派に参加した。詩集『一体的生活』 La Vie unanime (1908) ,『オードと祈り』 Odes et prières (13) ,風刺劇の傑作『クノック,あるいは医学の勝利』 Knock,ou le triomphe de la médecine (23) などのほか,最も重要な作品として大河小説『善意の人々』 Les Hommes de bonne volonté (27巻,32~47) がある。この大作は,第1次世界大戦の足音バルカン半島に響きはじめる 1908年から,再び次の世界大戦を予想させる,ヒトラーによる政権獲得の年,33年までのヨーロッパ史を描いたものである。アカデミー・フランセーズ会員 (46) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロマン
Roman
ルーマニア北東部,モルドバ地方,ニヤムツ県の工業都市。 14世紀に建設され,中世のモルドバの政治,商業の中心地の一つであった。第2次世界大戦後,急速に工業が発展し,機械,農機具コンクリート煉瓦,家具,食品の工場がある。人口8万 192 (1992推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ロマン【Jules Romains】
1885‐1972
フランスの小説家,劇作家詩人。本名Louis Farigoule。偶然の詩的体験が,文学者としての針路を決定することとなった。パリの街を散策中に,自分の心身がひとつのリズムを伴って街の大きな全体のなかに溶け込むかのような感じを味わったのである。この体験こそが,デュアメルらの〈僧院(アベイ)〉派の友人たちの手で印刷されて日の目をみた詩集《一体生活》(1908)の底流をなすものである。以後彼は,個人よりも集団を,個人と個人のふかしぎな結合から生まれる集団の精神,〈新しい神々〉を,好んで描くようになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ろまん【ロマン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ロマン
〘名〙 (roman)⸨ローマン・ロマーン⸩
① =ロマンス
※柵草紙の山房論文(1891‐92)〈森鴎外〉エミル・ゾラが没理想「小説に『ロマン』の名をあたふるはゾラが好むところにあらず」
② 小説。特に、長編小説。
※風土(1935)〈和辻哲郎〉四「長いロマーンや二十フィート幅の絵画において」
③ 主情的ないし理想的に物事をとらえること。また、そのようにして把握された世界。
※文学論(1907)〈夏目漱石〉四「表現の写実にして取材の浪漫なるものあり。取材の写実にして表現の浪漫なるものあり」
[補注](1)→「ロマンス」の語誌。
(2)漢字「浪漫」「浪曼」をあて、そのまま字音読みで「ろうまん」と言うこともある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロマンの関連情報

関連キーワード

コロレンコマンダレー東京芸術大学120周年天津条約巨文島事件清仏戦争天津条約グラントケプロンパークス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.