Rakuten infoseek

辞書

ロマンス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロマンス
romance
ヨーロッパ中世のフィクション,「物語」。宮廷文学の代表的な分野の一つ。「ロマンス」にはラテン語に対する俗語 (日常語) の意味があった。ラテン語からの書き換えを想定されたものであったが,(中世文学は純然たる創作ではなく,素材解釈,再解釈が主流) ,ついで物語を意味するようになった。
中世宮廷文学は,初めにフランス語で書かれてから各国語に翻訳された。民族的ジャンルである叙事詩に代って,アレクサンダー大王を主人公とする,『アレクサンダー物語』 (12世紀初頭の断片が現存,完璧な版は後になる) で古典古代 (ギリシア・ローマ) の素材の作品が初めて書かれた。 12世紀なかばに『テーベ物語』 Roman de Thébes,『エネアス物語』 Roman de d'Énéas (共に作者不詳) ,『トロイ物語』 Le Roman de Troie (ブノア・ド・サント=モール ) などが書かれたが,『アレクサンダー物語』を除き,平韻八音綴の韻文で書かれ,以降のロマンスの形式を決定する。『エネアス物語』はウェルギリウスの『アエネイス』 Aeneisから発想され,トロイの敗戦の将エネアス (中世の騎士の武装をしている) のローマ建国への道程を語る,「古代の素材」によるロマンスで,ローマをはじめ,ヨーロッパ各国のギリシアに敗れたトロイの生残り王族に系譜的にかかわりをもたせる偽史的作業が行われる。
「ブルターニュの素材」に基づき,活発な著作活動がなされたのは,プランタジネット朝の宮廷であった。ヘンリー2世と,フランス・アキテーヌ公ギヨーム9世 (最初の大詩人) の孫,アリエノール姫との結婚による領土拡大の結果,南フランスの進んだ宮廷文化がもたらされ,『トロイ物語』の作者および『ブリュ物語』 Le Roman de Brut (ブリュはエネアスの曾孫でブルターニュの征服者) の作者ワース Waceがいた。ワースもおそらくブノアも本書を王妃に捧げた。『ブリュ物語』は,ラテン語の翻案であるが,アーサー王物語群の核である「円卓」に言及し,王がロマンスの英雄に仕立てられるのは,この作品にはじまる。 12世紀末,仏訳から英訳がなされた (→ラヤモン ) がある。アリエノール妃の娘マリ・ド・シャンパーニュ Marie de Champagneに仕えたクレチアン・ド・トロアは,この「ブルターニュの素材」を手がけ,最大の傑作といわれるロマンスを生んだ。「古代」ものに比し,「宮廷風恋愛」への傾向が強まり,『トリスタンとイズー』がベルールトマ (いずれも断片) により,同時期に書かれる。 13世紀には,散文『ランスロ=聖杯』と『トリスタン』 (ともに作者不詳) が成立,前者はアーサーの王国崩壊と王および円卓の騎士全員の死の叙述で締めくくられる (→アーサーの死 ) 。一方,ジャン・ルナー Jean Renartの作にみられる現実的な「冒険物語」と呼ばれる作品も生れた。やや遅れて,寓意手法による2人の作家ギヨーム・ド・ロリスジャン・ド・マンの『薔薇物語』 (薔薇は恋愛対象の1人の女性を表象) が書き継がれた。この物語では内面化傾向が強まり,登場人物は一人称のほかには抽象名詞の擬人化が大勢を占める。ここでは「宮廷風恋愛」は騎士道との相乗関係をもはやもたない。しかし『薔薇物語』はルネサンスにいたるまで最も読まれたロマンスで,特に後編の寓意性,教化的傾向が好まれ,フランドル語,イタリア語チョーサーによる英訳が断片であるが残っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

ロマンス
本来は、騎士の冒険譚、恋愛譚など、ロマンス語(フランス語、イタリア語など、中世以降、世俗ラテン語から派生した言語の総称)で書かれた中世の伝説や物語を、広義には、現実離れした空想物語全般を指す。いずれにしても、ロマンスの本質は冒険と恋愛にあり、ロマンス的想像力は常に、その時々の対抗ジャンルとの関係で、冒険と恋愛を基軸とした新たなサブ・ジャンルの発生を導いていった。小説ジャンルが勃興して、現実や日常をうまくなぞることが虚構の条件とされた18世紀には、遥か昔の異国に材をとって、怪奇で異常で超自然的な要素を満載した、ホレス・ウォルポール『オトラントの城』(1765年)を草分けとするゴシック小説(Gothic romance)や、サー・ウォルター・スコットの『アイヴァンホー』(1819年)に代表される歴史ロマンスが登場してくる。ロマン主義は、ロマンス的想像力の再評価を志向するが、19世紀にロマンスの新たな可能性に着目した点で重要なのは、ナサニエル・ホーソンを筆頭とする、アメリカ・ルネサンス期の作家だろう。ホーソンの『緋文字』(1850年)を見れば、アメリカ作家がロマンスの内に、寓意や抽象を通じて想像力を飛翔させていく可能性を見出していたことがよくわかる。第1次世界大戦を経て、女権が拡張し、男女の役割の再定義が試みられた1920年代アメリカにおいて、ロマンス的想像力は、冒険と恋愛を描く原点に立ち返って、男の冒険ロマンスであるハードボイルドと、女性が主人公の恋愛ロマンスとを派生させていくこととなる。日本近代文学においては、坪内逍遥以来のリアリズム文学優勢の状況下にあって、ロマンス文学の流れは、幻想文学や探偵小説、時代小説、伝奇小説など、常に傍流に追いやられてきた。こうした構図に変化が現れてきたのは、純文学の衰退が叫ばれ出した1990年代以後のことである。
(井上健 東京大学大学院総合文化研究科教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ロマンス(romance)
空想的、冒険的、伝奇的な要素の強い物語。特に中世ヨーロッパの、恋愛・武勇などを扱った物語をいう。ロマン。
恋物語。恋愛小説。
叙情的な内容の歌曲あるいは小規模な器楽曲。
男女の恋愛に関する事柄。恋愛事件。
[補説]元来は、ラテン語の俗化したロマンス語で書かれた物語の意。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ロマンス
日本のテレビドラマ。放映は日本テレビ系列(1999年4月~6月)。全12回。原作:つかこうへいの舞台作品。脚本:長谷川康夫ほか。音楽:渡辺俊幸。出演:宮沢りえ、池内博之、吉田智則ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロマンス
米国の作家エド・マクベインの警察小説(1995)。原題《Romance》。「87分署」シリーズ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロマンス
NHKのドラマシリーズ「朝の連続テレビ小説」の作品のひとつ。1984年4月~9月放映。脚本:田向正健。音楽:山本直純。出演:榎木孝明、樋口可南子、辰巳琢郎ほか。明治末期、日本映画の発展に情熱を傾けた青年・平七の姿を描く。連続テレビ小説で男性が主人公となったのは1967年の『旅路』以来。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロマンス
ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンのヴァイオリン管弦楽のための作品(1798?,1801-02?)。原題《Romanze》。第1番、第2番の2曲があり、第2番の方が先に作曲された。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロマンス
《ROMANCE》アメリカのファッションブランド、ラルフ・ローレンフレグランス。1998年発表。調香師、ハリー・フレモントの作。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロマンス
日本のポピュラー音楽。歌と作曲は日本のバンド、PENICILLIN。1998年発売。作詞:HAKUEI。TBS系で放送のアニメ「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」の主題歌。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロマンス
日本のポピュラー音楽。歌は女性歌手、岩崎宏美。1975年発売。作詞:阿久悠、作曲:筒美京平

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ロマンス【romance】
人情の機微を描く架空の物語,または若い男女の,多くは幸せな結末を予想させる恋愛を扱う歌。元来は中世ヨーロッパでラテン語で書かれるものに対してラテン語から出て俗語になったロマンス語で書かれたものを指し,12世紀に当時の宮廷の口語であったフランス語に1行8音節の韻文で訳された歴史物語《テーバイ物語》《トロイア物語》《ブリュ物語》などに始まった。《アレクサンドル物語》のように1行12音節で書かれたものもあるが,1行10音節で4音節と6音節に区切れる語り物や,6音節と4音節に区切れる抒情詩とは区別されるジャンルで,歴史と考えられていた古代の伝説から多く恋愛や冒険を扱う虚構の物語に発展していった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ロマンス【romance】
〔通俗ラテン語であるロマンス語で書かれた中世の騎士物語の意〕
伝奇的空想的な要素をもつ物語。ロマン。
恋物語。恋愛事件。 「彼には過去に数々の-がある」
放浪楽人の歌った抒情的な歌曲。
形式の自由な甘美な小楽曲。
一八世紀前半からフランスで流行した、感傷的で単純な形式からなる有節歌曲。一九世紀前半に芸術歌曲(メロディー)が現れると衰退。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ロマンス
〘名〙 (romance 元来は「通俗ラテン語であるロマンス語で書かれた物語」の意)⸨ローマンス
① 中世ヨーロッパの、恋愛や武勇談などを中心にした空想的、伝奇的な通俗小説。一一世紀南フランスの吟遊詩人たちによりひろがった。伝奇文学。奇異譚。騎士物語。ロマン。
※明六雑誌‐二五号(1874)知説・五〈西周〉「雄を文壇に競ふに至てはロマンス(稗史)フェーブル(戯乗)亦備はらざる莫し」
② 恋愛を内容とする抒情的な文学。恋物語。長編恋愛小説。また、恋愛を題材とした劇や映画など。
※煤煙(1909)〈森田草平〉二九「自分が女の上に小説(ローマンス)を描いてゐたことは争はれない」
③ 歌曲、器楽曲の小品の一つ。スペイン中世のロマンセ、すなわち詩や俗謡に由来し、フランスで抒情的な歌曲、ドイツで抒情的な器楽小品となって発達した。ベートーベンのバイオリンと管弦楽のロマンスは特に有名。
※埋木(1890‐92)〈森鴎外訳〉一九「『ロオマンス』など作るものは、〈略〉その歌を流行らするなり」
④ 恋愛に関すること。恋愛事件。恋愛ざた。艷聞(えんぶん)
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉松本の話「浪漫斯(ロマンス)に縁の遠い女であった」
[語誌]「ロマン」と「ロマンス」は、フランス語に由来するか英語に由来するかという違いで、指す内容はもともと同じであった。しかし、両者はその後、別々の意味に発展を遂げ、現在では一般に、「ロマンス」の方は、アメリカの「ハーレクイン‐ロマンス」シリーズに代表される、夢のような恋物語として、あるいは、「二人のロマンス」というような、甘い恋愛といった意味合いで使われ、一方「ロマン」の方は、「大正浪漫」「男のロマン」といったことばに代表されるように、夢や憧れといった意味合いで使われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロマンス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロマンスの関連情報

他サービスで検索

「ロマンス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.