Rakuten infoseek

辞書

ロマンス諸語【ロマンスショゴ】

デジタル大辞泉

ロマンス‐しょご【ロマンス諸語】
ローマ帝国の各地に根づいた民衆話し言葉としてのラテン語が、中世期における地域的分化を遂げた結果、成立した言語方言総称イタリア語フランス語スペイン語ポルトガル語ルーマニア語など。ロマン諸語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろまんすしょご【ロマンス諸語】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ロマンスしょご【ロマンス諸語】
ローマ帝国の民衆に話された俗ラテン語を源とする諸言語。イタリア語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語・ルーマニア語・カタロニア語・レトロマン語など。インドヨーロッパ語族のイタリック語派というのが正式の名称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典

ロマンスしょご【ロマンス諸語】
古代ローマ帝国で用いられたラテン語が分化、発達して生まれた諸言語の総称。インドヨーロッパ語族イタリック語派に属する。文語のラテン語ではなく、日常の話し言葉である「俗ラテン語」がもととなり、先住民族(ケルト人など)の言語や、後から侵入した民族(ゲルマン人・スラブ人・アラブ人など)の言語の影響を受けながら、5~9世紀に地域ごとに異なる言語へと分化した。その後の発達をへて、現在も話されているロマンス諸語には、ポルトガル語スペイン語カタルーニャ語オック語、レトロマン語、フランス語サルデーニャ語イタリア語ルーマニア語などがある。このうちポルトガル語、スペイン語、フランス語は近代に、宗主国の言語としてアメリカ、アフリカ、アジアの植民地にも広がった。ラテン語と比べたロマンス諸語の特徴として、冠詞をもつこと、動詞の複雑な形態変化がより整理されたこと、名詞・形容詞の格変化がなくなり(ルーマニア語をのぞく)、語順や前置詞などが文法的機能をになう言語に移行したこと、などがあげられる。◇英語でRomance。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロマンス諸語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロマンス諸語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.