Rakuten infoseek

辞書

ロタ島【ろたとう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロタ島
ろたとう
Rota
太平洋北西部、マリアナ諸島にある火山島。別名ルタLuta島、ザルパネZarpane島ともいう。北マリアナ連邦(1978自治政府発足)領で、連邦中最南端の島。面積88平方キロメートル、人口約1000。最高点491メートル。日本の委任統治時代(1919~1945)にサトウキビやココヤシのプランテーションが開かれた。マリアナ諸島中ロタ島民はもっとも純粋なチャモロ語を話すといわれる。[大島襄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ロタ‐とう〔‐タウ〕【ロタ島】
Rota》太平洋西部、マリアナ諸島の島。テニアン島グアム島の間に位置する。北マリアナ連邦領。中心地は西部の町ソンソン。日本統治時代も開拓が進まず、原生林が多く残る。観光業が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロタ島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロタ島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.