Rakuten infoseek

辞書

ロクサネ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロクサネ
Rhōxanē; Roxana
[生]?
[没]前310頃.トラキア,アンフィポリス
アレクサンドロス3世 (大王)の妻。ラテン名ロクサナ。バクトリア豪族の娘で,大王の遠征途上,現地民の和解策として,前 327年大王と結婚。大王死 (前 323) 後,バビロニアで男児を生んだ。その息子アレクサンドロス4世を後継者として王に即位させたが,後継者争いのさなか,前 316年カサンドロスに捕えられ,のちに息子とともに殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロクサネ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロクサネの関連情報

関連キーワード

コンスタンティヌス(大帝)議決権劉淵コンスタンティヌス[1世]マクシミアヌスマクシミヌス・ダイア劉淵劉淵エウセビウスオゾン層

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.