Rakuten infoseek

辞書

レー王宮【レーオウキュウ】

デジタル大辞泉

レー‐おうきゅう〔‐ワウキユウ〕【レー王宮】
Leh Palace》インド北部、ジャンムカシミール州の都市レーにある宮殿。17世紀、ラダック王国のセンゲ=ナムギャル王により建造。市街北東部の岩山の中腹に位置する。石造りおよび日干し煉瓦(れんが)造りによる9層の建物であり、チベットのラサにあるポタラ宮のモデルになったことで知られる。レー宮殿。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レー王宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レー王宮の関連情報

関連キーワード

反応分化作用アレキサンドリアWHY?コマールノアフメット・ベフィク・パシャウバイデ・ザーカーニーレハールウエストミンスター宮殿騎士団長の宮殿ケンジントン宮殿スクーン宮殿

他サービスで検索

「レー王宮」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.