Rakuten infoseek

辞書

レ・タン・モデルヌ【れたんもでるぬ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

レ・タン・モデルヌ
れたんもでるぬ
Les Temps Modernes
1945年10月、サルトルメルロ・ポンティボーボアール、レイモン・アロンらによって創刊されたフランスの月刊総合誌『現代』。「創刊の辞」は、著作家の社会的責任を明確に打ち出した社会参加(アンガージュマン)の主張として有名。インドシナやアルジェリアなどの植民地問題、スターリン批判やハンガリー問題等の共産主義と革命の問題、平和問題など、フランスに限らず、第二次世界大戦後の世界の政治的、社会的、思想的諸問題について精力的な論陣を張ってきた。扱われたテーマや執筆陣を一瞥(いちべつ)すれば、第二次世界大戦以降のフランスにおける知的状況の変遷をたどることができよう。しかし、1980年にサルトルが死亡すると、それまで編集長であった彼の名は創設者へと変更されることになる。このとき、ボーボアールをはじめとする残された編集委員会は、あらためて雑誌存続の意義を確認したのである。そして、1986年のボーボアールの死後、彼女もまた創設者の列に加えられ、1986年10月号以降は、ナチスの強制収容所を扱った記録映画『ショアー』(1974~1985)の監督などで知られるクロード・ランズマンClaude Lanzmann(1925―2018)が亡くなるまで編集長を務めた。2000年にはサルトル没後20年特集を2回にわたって組んでおり、世界の動向に鋭い分析を加えるという当初からの基本的な編集方針は現在も堅持されている。[川上 勉]
『篠田浩一郎他訳『現代革命の可能性「レ・タン・モデルヌ」特集』(1969・筑摩書房) ▽A・ボスケッティ著、石崎晴己訳『知識人の覇権』(1987・新評論) ▽クロード・ランズマン編、記念号翻訳委員会訳『レ・タン・モデルヌ50周年記念号』(1998・緑風出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レ・タン・モデルヌ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レ・タン・モデルヌの関連情報

関連キーワード

原子爆弾投下第2次世界大戦対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)内閣総理大臣ドイツ問題リーンディープ・パープルインドネシア千島列島

他サービスで検索

「レ・タン・モデルヌ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.