Rakuten infoseek

辞書

レンブラント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レンブラント
Rembrandt van Rijn
[生]1606.7.15. ライデン
[没]1669.10.4. アムステルダム
オランダの画家,銅版画家。フルネーム Rembrandt Harmenszoon van Rijn。製粉業者の子に生まれ,1620年ライデン大学に入学したが,画家に転向。最初は生地の画家ヤコブ・ファン・スワーネンブルフに,1624年にはアムステルダムでピーテル・ラストマンに師事した。1625~31年にはライデンに戻り,聖書を主題にした作品を制作。1632年からアムステルダムで肖像画家として名声を獲得し,社会的にも安定した生活を送った。1642年には集団肖像画『夜警』(アムステルダム国立美術館)を制作したが,同 1642年妻サスキアが死去,また『夜警』も不評で急速に注文も減り,1656年には破産の宣告を受け,不遇のうちにした。微妙な明暗色彩で人間精神への深い洞察を託した多くの傑作を残し,銅版画も制作。その他の主要作品は『ニコラース・テュルプ博士の解剖学講義』(1632,マウリッツハイス美術館),『バテシバ』(1654,ルーブル美術館),『放蕩息子の帰宅』(1668~69頃,エルミタージュ美術館)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

レンブラント(Rembrandt Harmensz. van Rijn)
[1606~1669]オランダ画家。独特の明暗法によって人間の内面性・精神性を表現した。エッチング素描にもすぐれた。作「トゥルプ博士の解剖学講義」「自画像」「夜警」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

レンブラント【Rembrandt Harmensz.van Rijn】
1606‐69
オランダの画家,版画家。ルーベンス,ベラスケスと並ぶ17世紀最大の画家で,画種ごとの専門化が進む当時のオランダにあって,物語画(神話,聖書古代史の物語に取材した絵画)と肖像画を中心に,風景や風俗的主題も広くとりあげ,それぞれ約400点の油絵とエッチングおよび約1200点の素描という,質量ともに他を圧する作品群を残した。とりわけ当時としてはまったく異例な約50点にのぼる自画像は,自己の内面を見つめ続けた画家の近代性を如実に語っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

レンブラント【Rembrandt Harmenszoon van Rijn】
1606~1669 オランダの画家。微妙な光の明暗や独特の色彩を用いて人間の深い精神性を表現、多くの傑作を残した。銅版画でもエッチング技法を完成。代表作「テュルプ博士の解剖学講義」「コック隊長の射撃隊」(「夜警」の正式名)など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

レンブラント
れんぶらんと
Rembrandt van Rijn
(1606―1669)
オランダの画家、版画家。1609年にスペインから事実上の独立を確保し、またたくまにヨーロッパ第一の商業国・貿易国となった17世紀オランダには、それまでのヨーロッパ絵画にはなかった風俗画・風景画という市民絵画の全盛をもたらした。そのオランダ最高の、しかもはるかにオランダを超えて世界絵画史上最大の画家の1人がレンブラントである。1606年7月15日、ライデンの粉屋の六男に生まれる。彼の絵画への興味はすでに少年時代に芽生えており、1620年にライデン大学に入ったが、半年足らずで学問への道を捨て、画家としての第一歩を踏み出した。当時のオランダ画壇には、イタリア絵画に刺激を受けた、いわゆるロマニストたちが多く、彼もまたライデンのスワーネンブルヒJacob van Swanenburg(1571―1638)、ついでアムステルダムで人気のあったラストマンPieter Lastman(1583―1633)についた。とくにラストマンのもとでイタリアのカラバッジョ風の自然主義と明暗法を知ったことは、子供のころから風車の動きによって生ずる光の不思議な幻想のなかに育ってきた彼に、大きな滋養となった。1625年には独立の画家としてライデンにアトリエを構えている。
 彼の対象―人間に対する観察と明暗の激しい対照のなかにとらえる生命感の表現は、まず肖像画家としてしだいに成熟した。1631年にはアムステルダムへ移住、その後まもなく注文を受けて描いた『トゥルプ博士の解剖学講義』(ハーグ、マウリッツハイス美術館、医学史)により、一躍画壇の人気者になった。この作品には、当時のオランダに流行していた記念撮影風の団体肖像画にはみられない、人間相互の連帯感と緊迫感があり、各人物が個性豊かに表現されている。その後、北オランダの名門の出であるサスキアSaskia van Uylenburgh(1612―1642)との結婚(1634)にも恵まれ、肖像画家として、また彼本来の聖書に取材した作品によって、盛名と収入を高めていった。そのような彼に生涯の大きな転機となったのは、1642年の大作『夜警』(アムステルダム国立美術館)の完成である。アムステルダムの自警団から依頼されたこの団体肖像画において、彼は一つの情景を描き出した。それは、もはや単なる団体幹部の羅列図ではなく、明らかに構想されたドラマである。そのため、平板な記念撮影風の作品を求めていた世間からはけっして満足されず、この作品を境にして、彼の世間的人気はしだいに下降し、さらにこの年、サスキアの死にも遭遇する。しかし同時に、魂の画家、光の画家、あるいは人間愛の画家といわれる彼の神髄はこれ以後に円熟し、完成する。
 彼は人間性そのものを、生命の動きそのものを描こうとした。色彩に溶け、闇(やみ)にまで温かく息づく独特の豊かに深い明暗のリズムは、彼の芸術を導き出す源泉であった。彼は聖書や神話による構想画、肖像画、風景画などのあらゆる分野を描いているが、そのいずれにおいても、当時のオランダに栄えた着実な風俗画や風景画をはるかに超えて、見る人の心に深々と訴えてくる。しかも、彼ほど対象に対して徹底した写実の人はないであろう。そして、それを人間の魂の声にまで高めているのは、彼独自の明暗法である。彼には現存するだけでも100近い自画像があるが、これこそかけがえのない彼自身の歴史であり、生命の記録である。自己の芸術に忠実なあまり、晩年の彼は経済的にも対世間的にもしだいに見捨てられていった。しかしなお彼を信頼する幾人かの友人と、1649年に彼の家庭に入った晩年のよき伴侶(はんりょ)ヘンドリッキエHendrickje Stoffels(1625/1626―1663)に支えられて、画業はいよいよ神技の境に達した。しかし、1656年には破産の宣告を受け、1669年10月4日、アムステルダムのユダヤ人区の一隅で、ほとんど忘れられたままにその生涯を終えた。彼は、版画家としても世界最大級の1人であり、今日、油絵約500点、版画約300点、素描約2000点が、世界の美術館、所蔵家のもとに愛蔵されている。[嘉門安雄]
『嘉門安雄著『レンブラント』(1968・中央公論美術出版) ▽土方定一著『レンブラント』(1971・新潮社) ▽ウォレス著、嘉門安雄監訳『レンブラント』(1970・タイムライフ社) ▽前川誠郎他解説『世界美術全集13 レンブラント』(1977・集英社) ▽M・ブリヨン他著、末木友和他訳『世界伝記双書7 レンブラント』(1983・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

レンブラント
(Rembrandt Harmenszoon van Rijn ━ハルメンスゾーン=ファン=レイン) オランダの画家。アムステルダムで活躍。バロック的構図・明暗表現を用い、人間の深い精神性を表現。特に光と影の微妙な諧調にすぐれる。肖像画・宗教画・風景画の他、エッチング、素描にもすぐれた作品を残す。代表作に「テュルプ博士の解剖学講義」「自画像」「夜警」など。(一六〇六‐六九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

レンブラント
Harmensz van Rijn Rembrandt
1606〜69
オランダのネーデルラント派の画家
アムステルダムで肖像画家として名声を高めたが,1642年の「夜警」の不評で失墜。その後,貧困の中で芸術性を深化させ,光と描写にすぐれ,近代油絵技法の完成者となった。代表作「トゥルプ博士の解剖」「夜警」「自画像」など。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レンブラント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レンブラントの関連情報

関連キーワード

コーク(Sir Edward Coke)ボロトニコフの乱クアケルナックバリニャーノリバデネイラ徳川忠長クックにせドミトリー1世フォークスワシーリー・シュイスキー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.