Rakuten infoseek

辞書

レプチン

デジタル大辞泉

レプチン(leptin)
脂肪細胞から分泌されるホルモン食欲を抑制し、エネルギー代謝を活性化させる機能をもつ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活習慣病用語辞典

レプチン
脂肪細胞から分泌されるアディポサイトカイン (生理活性物質) の 1 つで、食欲を抑制し、エネルギー消費を増加させます。また、体内脂肪を調整する作用もあります。肥満時には、作用が低下します。

出典:あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館

れぷちん【レプチン】
 最近、肥満遺伝子(ひまんいでんし)というものが発見されました。この遺伝子は、脂肪組織の細胞だけにあり、食欲を抑えるはたらきのあるレプチンというたんぱく質をつくります。
 肥満マウス(遺伝的に肥満する実験動物)は、正常なレプチンをつくれないために食欲を抑えられずに太ること、糖尿病マウスや肥満ラットは、脳の中枢(ちゅうすう)にあるべきレプチンの受容体がうまくつくれず、食欲が抑えられずに太ることが明らかになっています。
 ヒトでは、レプチンの異常は数例しか見つかっておらず、肥満者でも血中のレプチンの濃度が高いことがわかっています。それにもかかわらず、食欲が抑えられないのは、レプチンの受容体の感受性が低下しているなどの原因が考えられています。このレプチンとその受容体の解明は、肥満の原因と治療に役立つと期待されています。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大辞林 第三版

レプチン【leptin】
脂肪細胞から分泌されるホルモン様タンパク質。脂肪量を一定に保つ働きがあるとされる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レプチン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レプチンの関連情報

他サービスで検索

「レプチン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.