Rakuten infoseek

辞書

レパートリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レパートリー
repertory
音楽,演劇用語。音楽家舞踊家,その団体,劇団などが,いつでも演奏または上演できるように準備している演奏曲目や上演種目をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

レパートリー(repertory)
劇団・演奏家などが、いつでも上演・演奏できるように準備してある演目や曲目。上演目録。レペルトワール。「バッハを主なレパートリーとする」
技量を発揮できる領域や種目。「料理のレパートリーが広い」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れぱーとりー【レパートリー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

レパートリー【repertory】
その演者が演奏したり演じたりすることのできる曲目や芸の種類。 「 -が広い歌手」 「この劇団の-には翻訳物が多い」
その人の得意とする分野・範囲。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

レパートリー
〘名〙 (repertory)
① 劇団・演奏家などがいつでも上演・演奏できるように用意してある演目や曲目。また、その一覧表。〔欧米印象記(1910)〕
② 転じて、ある人がこなせる範囲。得意とする領域や種目。
※寄席風俗‐名人文楽(1941)〈正岡容〉「一つ一つ年月をかけて、己のレパートリイを殖して行かうと精進してゐる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レパートリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レパートリーの関連情報

他サービスで検索

「レパートリー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.