Rakuten infoseek

辞書

レトルト

デジタル大辞泉

レトルト(retort)
蒸留乾留に用いる実験器具。ガラス製または金属製で、加熱する物質を入れる球状容器と、生成物の出ていくための側面に斜めに付いたからなる。
袋詰めなどにした食品加圧・加熱・殺菌する装置

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

レトルト
 缶詰レトルトパウチ食品を滅菌する装置.圧力釜一種である.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

レトルト【retort】
蒸留・乾留を行う化学実験器具。ガラスまたは金属製。球状の加熱反応部と、細長い管からなる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

レトルト
れとると
retort
蒸留や乾留を行うのに使われるガラス製あるいは金属製の器具。球状の容器部とそれに直結した長い側管からなり、物質を容器部に入れ、加熱生成した物質を側管の出口で受ける。必要に応じて冷却器などを併用する。[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

レトルト
〘名〙 (retort)
① ガラスまたは金属製の実験室用の蒸留・乾留装置の一つ。球状部とその上部から横に伸びる長い側管がある。コルク栓やゴム栓を使用しないので比較的高温で用いられる。〔蘭学逕(1810)〕
② 石炭ガス製造のための乾留装置。
※舎密開宗(1837‐47)内「其器。約するに二般あり。一は瓦斯を発する物品を納れ 列篤爾多(レトルト)、玻瓈管の類 一は発する所の瓦斯を承く 玻瓈鐘の類」
③ 缶詰・袋詰などにした食品を加圧・加熱・殺菌する装置。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レトルト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レトルトの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.