Rakuten infoseek

辞書

レゼジー・ド・タヤック【れぜじーどたやっく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

レゼジー・ド・タヤック
れぜじーどたやっく
Les Eyzies-de-Tayac
フランス南西部、ドルドーニュ県の小村で、クロマニョン人をはじめとする多くの化石人骨の発見地として知られる。正式には、レゼジー・ド・タヤック・シルイユLes Eyzies-de-Tayac-Sireuilという。人口909(1999)。ベゼール川の河畔に位置し、付近の谷沿いの石灰岩洞窟(どうくつ)から多くの化石人骨が発見された。クロマニョン洞(1868発見)のほか、ル・ムスティエ(1863)、ラ・マドレーヌ(1901)、フォン・ド・ゴーム(1901)、コンバレル(1901)などの洞窟がある。[青木伸好]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レゼジー・ド・タヤック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レゼジー・ド・タヤックの関連情報

他サービスで検索

「レゼジー・ド・タヤック」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.