Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

レジェ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レジェ
Léger, Fernand
[生]1881.2.4. アルジャンタン
[没]1955.8.17. ジフシュルイブット
フランスの画家。建築家を志したが,1900年パリに出て画家に転向。 10年頃からキュビスムに傾倒し風景,人間を円筒形 (チューブ) に還元して描いたためチュビストとも呼ばれた。 17年から機械文明のダイナミズム賛美が顕著となり,25年ル・コルビュジエによるエスプリ・ヌーボー館に壁画を制作。さらに版画,モザイク,タペストリーなども精力的に手がけた。第2次世界大戦中はアメリカに住み,ジャズや都会生活の活気を好んだ。戦後は人物群像が多い。前衛映画『バレエ・メカニック』 (1924) の作者としても知られる。 60年ビオにレジェ美術館が設立された。主要作品『室内の女たち』 (22,パリ国立近代美術館) ,『3人の構図』 (32,同) ,『閑暇』 (48~49,同) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

レジェ(Fernand Léger)
[1881~1955]フランスの画家。キュビスムから出発。のち、明快な構図の装飾的画風により、現代社会における機械と人間との調和をダイナミックに描いた。ステンドグラス・舞台装飾・映画製作なども行った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

レジェ
株式会社パイロットコーポレーションの油性ボールペン、シャープペンシルの商品名。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

レジェ【Fernand Léger】
1881‐1955
フランスの画家。キュビスム運動に重要な役割を果たした。ノルマンディーのアルジャンタンArgentan生れ。最初カンで建築を学んだ後,1900年にパリに出,装飾美術学校,アカデミー・ジュリアン等で絵画を学ぶ。07年よりセザンヌに傾倒し,それは《森の中の裸像》(1909‐10)に結実する。やがて《青衣の女》(1912)によって彼のキュビスムは幾何学的・抽象的傾向に向かう。第1次大戦の従軍体験(1914‐16)を通じて庶民の精神の強靱さと機械文明の機能美を発見する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

レジェ
れじぇ
Fernand Léger
(1881―1955)

フランスの画家。キュビスム運動の一員としていわゆるダイナミック・キュビスムの開発に重要な役割を果たし、のちには機械と人間とが調和する現代生活を描くユニークな画風で20世紀美術に独自なイメージを生み出した。ノルマンディーのアルジャンタンに生まれる。カンで建築を修業、1900年パリに出、やはり建築家、写真家のもとで生計をたてつつ、1903年兵役終了後パリ装飾美術学校に入学、同時にエコール・デ・ボザールのレオン・ジェロームの教室、アカデミー・ジュリアンにも学ぶ。1904年および1907年のサロン・ドートンヌのセザンヌ展に刺激され、他方、ロベール・ドローネー、アポリネールたちとの接触によってキュビスムにも接近し、その成果が1909~10年制作の『森のなかの裸体』(オッテルロー、クレラー・ミュラー美術館)として発表される。その後も、色彩とダイナミズムを重視するキュビスムをドローネーたちとともに展開させる。

 1912年カーンワイラー画廊で最初の個展、第一次世界大戦に従軍、毒ガスのため入院。戦後の1918~23年は「メカニックな時期」と名づけられるロボット風の形、歯車などの機械的なイメージによる形態と色彩の対照と調和を求める。1919年の『都市』(パリ市立近代美術館)がその代表作。その後、しだいに彼の抽象的な形態に人体が入り込み、作風もモニュメンタルな大きさを求める。1924~27年はオザンファンたちとともにピューリスムを追求、1925年にはピューリスムの創始者の一人ル・コルビュジエのエスプリ・ヌーボー館の壁画を制作。また映画、写真に興味をもち、マン・レイたちの協力を得て映画『バレエ・メカニック』(1924)を制作、純粋に造形的な関心、とりわけ「オブジェ」への関心を示している。

 第二次大戦中の1940~45年には、フランスを離れアメリカで制作、戦後フランスに帰国、サイクリスト、サーカス、ピクニックなど、現代生活の明るさをテーマに、平たい色面、太い有機的な曲線、明快な色彩の対照によって構成される大画面を数多く制作、そのなかにはニューヨークの国連本部大ホールの壁画(1952)がある。陶器、版画、モザイクなどにも多彩な活動を示し、パリ近郊のジフ・シュル・イベットに没。1960年、彼が陶芸のアトリエを構えていた南仏ビオにレジェ美術館(1967年、国家にコレクションとともに寄贈され、現在国立)が設立された。

[中山公男]

『W・シュマーレンバッハ著、八重樫春樹訳『レジェ』(1978・美術出版社)』『瀬木慎一解説『現代世界美術全集15 ブラック/レジェ』(1972・集英社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

レジェ
(Fernand Léger フェルナン━) フランスの画家。キュービスムから色彩と運動の追求へ進み、ダイナミックな機械文明の美を絵画化した。明快な色面構成によって群像などを描いた。壁画・モザイク・ステンドグラス・舞台装飾・映画製作なども行なった。作品に「青衣の女」「モナリザと鍵」など。(一八八一‐一九五五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レジェ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レジェの関連情報

関連キーワード

アレクサンドル都市気候農商務省ブラジル文学おもなお雇い外国人ジェームズAガーフィールドイリ条約日本鉄道明治14年の政変メンデンホール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.