Rakuten infoseek

辞書

レコード【れこーど】

デジタル大辞泉

レコード(record)
記録。特に、陸上や水泳などの競技の最高記録。「自己のもつレコードを更新する」「コースレコード
音楽などを録音した円盤。盤面に外から内側へと螺旋(らせん)状に音の信号を刻んだもの。プレーヤーで再生する。「レコードをかける」
コンピューターで、ファイルを構成する単位。フィールドが集まって1レコードをつくり、そのまとまったものがファイルになる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DBM用語辞典

レコード【record】
コンピュータ業界では、各個人の項目から構成された一人のデータをレコードと表現している。顧客と見込客のファイル・レコードは普通、名前住所性別年齢家族構成・注文商品・数量価格などで構成されている。顧客ファイル・レコードは、しばしばプロモーション成功のとなるマーケティング情報を含む。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

レコード【record】
円盤上に,線状の音溝を渦巻状にきざみ,音を,溝のたて,よこの変化の程度,という形で記録したもの。対応する英語はほかにも,gramophone record,disk record,phonograph recordなどがある。音を記録し,再生する試みは多くの人々によってなされたが,これらの英語は,当時の考案者が“レコード”に与えた名称のなごりを現代にまでとどめているようである。なお,円盤上の渦巻には,外側から順次内側へ向かう形で音が記録されているが,ディジタル時代のレコードともいわれるコンパクトディスクでは,逆に内側から外側へ向かって音が,ディジタル化された信号として記録されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

レコード【record】
競技などの記録。特に、最高記録。 従来の-を破る新記録
音声を記録した円盤。盤面に刻まれた溝の凹凸によって音を記録する。録音盤。ディスク。 LP -
コンピューターで、ファイルを構成する単位。この集まりをファイルという。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

レコード
record
平円盤に螺旋状の音溝を刻み,再生できるようにした録音盤。「記録されたもの」の。平円盤を回転させ,レコード針で音溝から音を拾う。1877年にトーマス・アルバ・エジソンが音を機械的に針先に与えて音波の形状を溝に切り込み,それをたどって音を再生する最初の蓄音機を発明。1887年には平円盤のレコードが発明された。1920年代前半に電気録音法が発明され,1948年には LP; long playingの出現により長時間録音が可能となった。1950年代後半には立体的に音楽を録音したステレオ・レコードが登場。その後これらのアナログ録音のレコードに対し,音声をパルス符号変調 PCM; pulse code modulation(→パルス変調)によってデジタル化した信号でカッティングした DAD(デジタルオーディオディスク)も開発され,その一つ CD(コンパクトディスク)が市販されている。レコードは音楽の普及に大いに貢献した一方,演奏記録をとどめることができ,演奏様式史のうえからも重要な役割を果たした。(→レコードプレーヤ

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

レコード
(1)ファイルまたはデータベースにおいて,ある既定の形式と内容を持つデータ項目やフィールドの集まりで,一つの単位として扱われるもの.情報交換用MARCフォーマットに即していえば,外形式および内形式という一定のフォーマットに従い表現されたデータ要素の集合がMARCレコードである.レコード(論理レコード)は,ファイルまたはデータベースにおける,アクセスを含めた処理の単位となる.(2)塩化ビニールの円板に細い音溝を渦状に刻んで,音声・音楽などの音をアナログ信号として記録したもの.レコードプレーヤーによって再生される.毎分33回転3分の1の速度で直径30cmのLPレコード,毎分45回転で直径17cmのEPレコード(ドーナツ盤)などがある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

レコード
〘名〙 (record)
① 記録。登録。特に、陸上・水上など各種競技の、その時点での最高記録。
※大阪朝日新聞‐明治三九年(1906)一一月一三日「世界騎乗界のレコードを破壊し去りたるは」
② (「記録されたもの」「録音されたもの」の意から) 音声、音楽演奏などを吹き込んだ音盤のこと。円盤の上に、外周から内周に向けて螺旋状に細溝を刻み、その変化により音の信号を機械的に記録したもの。ディスク。レコード盤。録音盤。音盤。
※あらくれ(1915)〈徳田秋声〉一〇九「蓄音器に、レコードを取りかへながら」
③ コンピュータのファイルで、論理的に情報を扱う際の最小単位。関連したいくつかの項目のデータをひとまとめにして一つのレコードとし、そのレコードを集めたものがファイルとなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レコード
(Robert Recorde ロバート━) ルネサンス期のイギリスの数学者、医者。算術書「諸芸の基礎」の中で+、-、=などの記号を使いはじめた。(一五一〇頃‐五八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レコード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

レコードの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.