Rakuten infoseek

辞書

ルナン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ルナン
Renan, Ernest
[生]1823.2.28. トレギエ
[没]1892.10.2. パリ
フランスの思想家,宗教学者。テーヌと並ぶ実証主義思想家として大きな影響力をふるった。初め聖職を志したが,サン=シュルピス神学校在学中にヘーゲル,ヘルダーを読み,聖書原典の研究に向い,1845年聖職を断念した。 1848年の二月革命に動かされて書いた『科学の未来』L'Avenir de la science (1890刊) で,科学精神に基づいた実証主義の思想を確立。学位論文『アベロエスとアベロイスム』 Averroès et Averroïsme (1852) を著わし,1862年コレージュ・ド・フランスのセム語教授に迎えられたが,開講の辞でキリストを「比類なき人間」と呼んだために停職処分を受けた。生来の理想主義にもかかわらず超自然的なものを認めようとせず,歴史的な立場から大作『キリスト教起源史』 Histoire de l'origine du christianisme (7巻,1863~83) に取り組み,特にその第1巻『イエス伝』 Vie de Jésus (1863) は名高い。 1870年コレージュ・ド・フランス教授に復帰。『イスラエル民族史』 Histoire du peuple d'Israël (5巻,1887~93) のほか『青少年時代の思い出』 Souvenirs d'enfance et de jeunesse (1883) を残した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ルナン(Joseph Ernest Renan)
[1823~1892]フランスの思想家・宗教家。実証主義に立って聖書を文献学的に研究し、キリスト教の歴史科学的研究を行った。著「キリスト教起源史」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ル‐ナン(Le Nain)
フランスの画家の兄弟。アントワーヌ(Antoine[1588ころ~1648])・ルイ(Louis[1593ころ~1648])・マチュー(Mathieu[1607~1677])の3人。農民や民衆を題材とした写実的な画風で知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ルナン【Joseph Ernest Renan】
1823‐92
フランスの言語学者,文筆家。ブルターニュ地方出身。最初司祭への道を歩んだが,セム語および考古学の研究に転じ,1862年コレージュ・ド・フランスのヘブライ語教授に就任。後にC.ベルナールの後任としてアカデミー・フランセーズ会員に選ばれる。聖書高等批評の方法を大胆に受けいれ,キリストの神性を否認し,超自然的なものを退ける立場からキリスト教の歴史を書く。明晰,流麗な文体で有名な《イエスの生涯》は7巻からなる《キリスト教起源史》(1863‐83)の第1巻である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ルナン【Joseph Ernest Renan】
1823~1892) フランスの宗教史家・言語学者。ロックなどの影響で懐疑主義に接近、キリスト教の歴史科学的研究を行なった。主著「キリスト教起源史」。特にその第一巻「イエス伝」は有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルナン【Le Nain】
一七世紀前半に活躍したフランスの画家の三兄弟。アントワーヌ(Antoine1588~1648)・ルイ(Louis1593~1648)・マチュー(Mathieu1607~1677)。特にルイが有名で、農民の風俗を写実的に描いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ルナン
るなん
Joseph Ernest Renan
(1823―1892)
フランスの思想家、宗教史家、文献学者。2月28日、ブルターニュ地方のトレギエに生まれる。聖職を志しサン・シュルピス神学校に進んだが、ヘーゲル、ヘルダーらのドイツ哲学の影響を受け、セム語文献学と聖書原典の研究に熱中するうちに、教会の伝統的聖書解釈に疑惑を抱くようになり、聖職を捨てて学問の道を選ぶ。のちの実証主義の代表的科学者ベルトロと友誼(ゆうぎ)を結び、科学の方法と可能性を信頼するに至り、1849年『科学の未来』(刊行は1890年)を書く。さらにキリスト教の起源の研究を企て、キリスト教を、ユダヤ的環境の産物、キリスト教発生以前の社会、感情、思想、信仰の産物として説明することを目ざし、代表作『キリスト教起源史』(1863~1881)を完成する。その第1巻が『イエス伝』で、キリストの神性を認めず、人間イエスの生涯の実証的な研究を標榜(ひょうぼう)した。他の主要著作に『イスラエル民族史』(1887~1893)がある。プロイセン・フランス戦争とパリ・コミューンを契機に、民主主義への不信から知的エリートによる社会支配を構想するに及ぶが、そうした保守化の傾向を代表する著作が『哲学的対話と断片』(1876)。テーヌと並んで実証主義の思想家として19世紀後半の思想・文学界に多大な影響を及ぼした。1892年10月2日没。[横張 誠]
『津田穣訳『イエス伝』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ルナン
(Joseph Ernest Renan ジョゼフ=エルネスト━) フランスの宗教史家、言語学者、哲学者、思想家。著「キリスト教起原史」の第一巻「イエス伝」の歴史科学的な批判精神は大きな反響をまき起こし、ついに教会を追われた。(一八二三‐九二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルナン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルナンの関連情報

関連キーワード

ベートーベンミツケーウィチウェーラークーパー荘厳ミサ曲モリソン木村嘉平シーボルトロゼロ菅野序遊

他サービスで検索

「ルナン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.