Rakuten infoseek

辞書

ルカによる福音書【ルカによるふくいんしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ルカによる福音書
ルカによるふくいんしょ
Kata Loukan; The Gospel According to Luke
新約聖書4福音書の一つ。マタイマルコ福音書とともに共観福音書をなす。『マルコによる福音書』を枠組みとし,イエス生誕,少年期,復活の記録およびそのほかルカ固有の個所を除いてはマタイと類似ないしほとんど逐語的同一性を示す語句が多く,両者共通の資料を想定させる (2資料説) 。その基調は普遍主義的であり,イエスは「異邦人を照す光」とされる。一般に『使徒行伝』と同一作者によるとされ,それに『行伝』の一人称記録の部分を考慮にいれれば,パウロの同行者ルカの作とする伝承もあながち否定しえない。『行伝』にパウロ書簡の影響のないことから 80年以降の著作とは考えにくい。上限はエルサレム陥落 (70) とされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ルカによるふくいんしょ【ルカによる福音書】
新約聖書、四福音書の第3書。紀元80年代に書かれ、著者ルカは使徒パウロの協力者。新約聖書中最も文学的にすぐれた歴史的叙述とされる。ルカ福音書ルカ伝。→福音書

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ルカによるふくいんしょ【ルカによる福音書 Gospel according to Luke】
新約聖書の一つ。パウロの同労者であった医者ルカにちなんで呼ばれるが実際の著者名は不詳である。後90年ころの成立で,特定の個人〈テオピロ閣下〉に呈されている。その献辞(1:1~4)が示すように,著者はイエスの歴史を〈順序正しく書く〉歴史家であろうとしている。《マルコによる福音書》,イエスの語録集など彼が手にしていた資料をこの視点から編集し,かつ当時の世界史との関連づけ(2:1,3:1)も行っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ルカによるふくいんしょ【ルカによる福音書】
新約聖書第三書。四福音書の一つ。ルカ著。八〇年代に成立。イエスの生涯と教えを詳述し、キリスト教の真理性を史実に基づいて証明しようとしたもの。文学的にもすぐれた叙述で、最も美しい福音書といわれる。ルカ伝。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルカによる福音書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルカによる福音書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.