Rakuten infoseek

辞書

ルイ アルチュセル

20世紀西洋人名事典

ルイ アルチュセル
Louis Althusser


1918.10.16 - 1990.10.22
フランスの哲学者。
アルジェリア生まれ。
パリのエコール・ノルマン・シュペリウールでバシュラールに就いてヘーゲル哲学を研究、1948年母校で哲学の講師となり、同年共産党員となる。バシュラールらの科学認識論の伝統を引継ながら構造主義的マルクス主義者として、’60年代以降の思想的大革新の一人となる。後に精神障害をきたし、’80年妻を殺害して精神病院に収容。「マルクスのために」(’65年)、「資本論を読む」(’65年)の著書がある。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルイ アルチュセル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルイ アルチュセルの関連情報

関連キーワード

牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)アゼルバイジャン共和国地球温暖化防止条約荒木経惟スミス(Kiki Smith)スペースシャトル飛行記録ミハイル ゴルバチョフ第1次世界大戦

他サービスで検索

「ルイ アルチュセル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.