Rakuten infoseek

辞書

ルイフィリップ

デジタル大辞泉

ルイ‐フィリップ(Louis-Philippe)
[1773~1850]フランス国王。在位1830~1848。ブルボン家の支流オルレアン家の出身フランス革命初期より自由主義者として活躍したが、のち亡命。1830年の七月革命で迎えられ即位。「市民王」と称したがしだいに反動化し、二月革命で追放され、ロンドンで客死。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ルイフィリップ【Louis Philippe】
1773~1850 フランス国王(在位1830~1848)。フランス革命に参加したが革命の激化により亡命、王政復古で帰国し七月革命で大資本家に推され即位。ギゾーを重用し次第に共和派を弾圧、二月革命でイギリスに亡命した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ルイ‐フィリップ
(Louis-Philippe) 七月王政期のフランス国王(在位一八三〇‐四八)。ブルボン家の支流オルレアン家の出。はじめフランス革命を支持、のちに亡命。王政復古後帰国し、自由主義者たちの支持で七月王政をしいた。「市民王」と称したが、次第に反動化し、二月革命で追放され、ロンドンで客死。(一七七三‐一八五〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルイフィリップ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ルイフィリップの関連情報

関連キーワード

モーツァルト逃亡奴隷法テーラーゴールド・ラッシュ縮合ラングスドルフティーク秋田蘭画グアテマラゲーテ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.