Rakuten infoseek

辞書

リ・コン・ウアン

世界大百科事典 第2版

リ・コン・ウアン【Ly Cong Uan】
974‐1028
ベトナムのリ()朝の創始者(在位1009‐28)。タイト(太祖)とも呼ぶ。現在のハバック省の生れ。母ファム(范)氏と神人の間の子と伝えられる。仏寺で学問を修め,前(黎)朝のチュントン(中)に仕え,レ・ロンディン(黎竜鋌)の時,殿前指揮使に昇任して軍事を握った。1009年ディンの死後,みずから帝位にのぼり年号を順天とした。10年,これまでディン()・前レ2朝の都であったホアル(華閭)城が狭隘であるとしてタンロン(昇竜

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

リ・コン・ウアン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リ・コン・ウアンの関連情報

関連キーワード

配偶者居住権ベネディクツス6世あいなし長元有らまほし立・起・建平忠常の乱

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.