Rakuten infoseek

辞書

リーマン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リーマン
Riemann, Georg Friedrich Bernhard
[生]1826.9.17. ブレーゼレンツ
[没]1866.7.20. セラスカ
ドイツの数学者。 19世紀の最も創造的な数学者の一人。発表した論文の数は少いが,そのひとつひとつが解析学や幾何学の発展に深刻な影響を与えた。ゲッティンゲン大学入学 (1846) 。 1847年にはベルリン大学で K.ヤコービの力学や P.ディリクレの整数論を聴講。ゲッティンゲンに戻り (49) ,物理学の W.ウェーバーの助手になる (50) 。 51年学位論文『複素関数の一般理論の基礎』を出す。このなかにのちに H.ワイルによって「リーマン面」として定式化される重要なアイデアが含まれていた。さらに講師資格試験に向けて『三角級数による関数の表現について』を準備し (死後発表された) ,そのなかにリーマン積分 (→定積分 ) の概念が定式化されている。 54年,「リーマン幾何学」と呼ばれる空間概念を提案。 57年ゲッティンゲン大学助教授,59年ディリクレの跡を継いで教授となり,エリーゼ・コッホと結婚 (62) 。しかし,まもなく結核にかかり,転地療養のかいもなく 40歳に満たない生涯を閉じる。彼が 59年に書いた整数論の『ある数以下の素数の個数について』は,わずか9ページの論文であるが,「リーマンのゼータ関数」を用いて素数の分布を調べたもので,解析的整数論における重要な業績とされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リーマン
Riemann, Hugo
[生]1849.7.18. グロースメールラ
[没]1919.7.10. ライプチヒ
ドイツの音楽学者。哲学および音楽を学び,1873年ゲッティンゲン大学で博士号を取得。 78年『記譜法の歴史に関する一研究』 Studien zur Geschichte der Notenschriftを書きライプチヒ大学で教授資格を得た。 1901年より同大学教授。機能理論をはじめとする諸理論を開拓し,音楽史研究でもマンハイム楽派の新しい評価などの業績を残した。その主張は今日再検討されている部分もあるが,近代音楽学の確立者としての貢献は大きい。主著『リーマン音楽辞典』 Musik-lexikon (1882) ,『音楽史提要』 (1901~13) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リーマン(Georg Friedrich Bernhard Riemann)
[1826~1866]ドイツ数学者多様体とその曲率を定義して、リーマン幾何学創始複素関数論・アーベル関数論などでも多くの業績を残した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リーマン
俗に、「サラリーマン」の略。軽いあざけりの気持ちを込めていうこともある。
[補説]駄洒落(だじゃれ)で「だらリーマン」「さぼリーマン」のようにも用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

リーマン
サラリーマン

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

リーマン
「サラリーマン」のこと。(さげす)みや悲哀の意味を込めて使用される場合が多い。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

リーマン【Georg Friedrich Bernhard Riemann】
1826‐66
ドイツの数学者。牧師の子としてリューネブルクのブレーゼレンツに生まれ,ゲッティンゲン大学およびベルリン大学に学んだ。ゲッティンゲン大学において学位を得(1851),1859年教授となった。62年以後は肺疾患のため療養生活をおくり,転地先のイタリアで死去した。短い生涯であったが,鋭い直観力によって数学のいろいろの分野に新機軸をうち出し,画期的な業績をあげた。たとえば,学位論文でリーマンの写像定理と呼ばれる定理を与え,1857年にはいわゆるリーマン面の概念を導入して,幾何学的関数論の基礎を築いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

リーマン【Hugo Riemann】
1849‐1919
ドイツの音楽学者。近代音楽学の確立のうえで指導的な役割を果たした。1873年《音楽を聴くこととは》により学位を得る。81‐90年ハンブルク音楽院,90‐95年ウィースバーデン音楽院でピアノおよび音楽理論を教える。95年ライプチヒ大学に移り,1901年教授。とくに音楽理論や音楽史学などの分野において注目すべき論考を発表した。和声論では《音楽構文論》(1877)などの著書で長・短調の統一的原理を追究し,〈機能和声〉という理論を打ち出した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

リーマン【Orla Lehmann】
1810‐70
デンマークの政治家。19世紀の国民自由党の代表的人物で,大法院弁護士となり,雄弁家として大衆の人気を博した。デンマークの民族性の危機と考えられたスリースウィー(シュレスウィヒ)問題を,自由憲法をもった国民国家の達成という目標のもとにとらえ,反絶対王政,スカンジナビア主義,自由憲法要求を一体化した政治闘争を展開した。2度にわたる対ドイツ戦争(1848‐50,64)に,いずれも閣僚として関与している。【村井 誠人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

リーマン【Riemann】
〔Georg Friedrich Bernhard R.〕 (1826~1866) ドイツの数学者。ガウスの曲面論を発展させ、リーマン空間の一般的概念を示し、リーマン幾何学や多様体論の基礎を築いた。また、球面上における幾何学を発展させて非ユークリッド幾何学の一体系を示した。複素関数論でも多くの業績を残す。リーマン幾何学はアインシュタインの相対性理論に利用された。
〔Hugo R.〕 (1849~1919) ドイツの音楽学者。機能和声の概念によって近代和声理論を基礎づけ、多数の音楽史的論考により近代音楽学の確立に尽力。「音楽事典」は現在も版を重ねる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リーマン
(Georg Friedrich Bernhard Riemann ゲオルク=フリードリヒ=ベルンハルト━) ドイツの数学者。論文「幾何学の基礎仮定について」で非ユークリッド幾何学の新形式を提論。リーマン面の想定により関数論を展開し、アーベル関数についても貢献。一般関数論では、哲学的・幾何学的解明の立場をとる。著「幾何学に立脚せる仮説について」「偏微分方程式について」。(一八二六‐六六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リーマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リーマンの関連情報

関連キーワード

ハウフバーラクザイ朝ハウフクルップビニークラークブルックブレーク内館元右衛門メイラン

他サービスで検索

「リーマン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.