Rakuten infoseek

辞書

リーマン面【リーマンめん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リーマン面
リーマンめん
Rieman surface
多価関数は普通の関数に入らないので,定義域のほうを何重にも重なったものと考えて,各葉ごとにそれぞれのをとる関数と考えると,普通の一価関数を考えることができる。 19世紀なかばに G.リーマンによってこの手法が導入されたのでリーマン面という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リーマンめん【リーマン面 Riemann surface】
複素一次元解析多様体のことである。すなわち,連結なハウスドルフ空間Sにおいて,開集合Uの族による被覆と,各Uから複素平面の開集合の上への位相写像φU(これを局所座標という)で,UV≠øのときφU◦φV-1が正則関数となっているものをいっしょに考えたものである。 Sの上の複素数値関数fは,各局所座標に対してf◦φU-1が,通常の意味の正則関数となっているとき,Sで正則であるという。1851年,G.リーマンは学位論文において,多項式Fの定める代数方程式F(z,w)=0を解いて得られる多価関数ww(z)(代数関数という)を研究するに際し,複素平面上に何葉かの重なりあった面を考えて,その上でw(z)が1価となるようにした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

リーマン面」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リーマン面の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.