Rakuten infoseek

辞書

リードオルガン

デジタル大辞泉

リード‐オルガン(reed organ)
主に足踏み式の送風装置によってリードを振動させて音を出すオルガン。空気を吸い込むことで音を発するものをいうことが多い。パイプオルガンのような音管はもたない。足踏みオルガン。→ハーモニウム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

リードオルガン【reed organ】
ふいごで送風するフリーリードを発音体とする小形オルガンの一種。本来は空気の吸入によって発音するものをいったが、日本ではこの吸入型が広く普及したため、ハルモニウムを含めた小形オルガン全体をさす一般的名称となった。 → ハルモニウム

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リード‐オルガン
〘名〙 (reed organ)
① リードをもつ楽器のうち、大オルガンを除いたハーモニウム、アコーディオンバンドネオンハーモニカ、リードをもつオルガンなどの総称。〔洋楽手引(1910)〕
② 電動式送風機をそなえ、踏板をふむ必要のないオルガンの一種。一九五八年ごろからアメリカで開発。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リードオルガン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リードオルガンの関連情報

他サービスで検索

「リードオルガン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.