Rakuten infoseek

辞書

リン酸カルシウム【リンさんカルシウム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リン酸カルシウム
リンさんカルシウム
calcium phosphate
(1) リン酸三カルシウム  Ca3(PO4)2 。第三リン酸カルシウムともいう。リン灰石の成分。また脊椎動物の,歯の成分として広く天然界に産出する。無色無定形物質で,融点 1670℃,比重 3.14。水,アルコールに不溶,希酸に可溶。肥料,リン酸,リン塩の製造,研磨材歯磨き粉,陶磁器の製造,砂糖の脱色などに使用される。 (2) リン酸水素カルシウム  CaHPO4 。第二リン酸カルシウムともいう。無水塩は無色三斜晶系結晶。比重 2.89。水に不溶,酸に可溶。2水塩も知られている。比重 2.31。主として飼料に使われるが,穀物その他の食品にも添加される。ガラスの製造,歯科材料にも用いられる。 (3) リン酸二水素カルシウム  Ca(H2PO4)2 。第一リン酸カルシウムともいう。1水塩が普通で,無色の三斜晶系板状晶。比重 2.22℃。 100℃で脱水し,152℃で融解してメタリン酸カルシウム Ca(PO3)2 となる。水溶性のため肥料として重要で,過リン酸石灰の主成分である。比較的純粋なものはベーキングパウダー,食品などのミネラル強化用に用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

リン酸カルシウム
 Ca3(PO4)2,CaHPO4,CaH4(PO4)2など.正リン酸カルシウムともいう.諸種の目的で使われるリン酸塩で,動物にカルシウム,リンという二つの重要な栄養素を供給する塩でもある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リン酸カルシウム
りんさんかるしうむ
calcium phosphate
リン酸の三カルシウム塩。リン酸三カルシウム、第三リン酸カルシウムともいう。なお、一般には水素塩をも含めてリン酸カルシウムとよぶことがある。
 天然産鉱物としてはウィトロック石が知られているが、通常はフッ化物、塩化物または水酸化物との複塩の形で燐灰石(りんかいせき)として産出する。合成的には、硝酸カルシウムの水溶液とリン酸水素二ナトリウムの水溶液を70℃で反応させてつくられる。このとき1%程度のMg2+またはMn2+イオンを安定剤として加える。無色の結晶性物質でα(アルファ)、β(ベータ)の二つの変態がある。ウィトロック石および前述の合成物はいずれもβ型で、1180℃でα型に転移する。水に溶けないが、長時間水と接触していると徐々に加水分解を受け、不溶性の水酸化リン酸カルシウムCa5(PO4)3OHに変わる。エタノール(エチルアルコール)、アセトンには溶けない。硫酸などの強酸と反応して可溶性のリン酸二水素カルシウム(第一リン酸カルシウム)に変わる。
  Ca3(PO4)2+2H2SO4=Ca(H2PO4)2
   +2CaSO4
 この種の反応は、リン鉱石を水溶性に変え肥料などを製造するのに利用される。[鳥居泰男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

リン酸カルシウム
リンサンカルシウム
calcium phosphate

Ca3(PO4)2(310.18).略号TCP.リン酸三カルシウム(tricalcium phosphate),第三リン酸カルシウム,リン酸三石灰ともよばれる.ほかに,水素塩のリン酸水素カルシウム CaHPO4(略号DCP)[CAS 7757-93-9]とリン酸二水素カルシウムCa(H2PO4)2(略号MCP)[CAS 7758-23-8]がある.リン酸三カルシウムはりん灰石(アパタイト)の主成分として天然に存在する.植物の生育に必要で,また脊椎動物の骨や歯を構成する主要物質である.リン酸三カルシウムは,リン酸塩水溶液に水酸化カルシウム懸濁液を加えて沈殿させるか,カルシウム塩CaCl2などの水溶液にリン酸水素二ナトリウムまたはリン酸水素二アンモニウムをアンモニア水とともに加える,リン酸水素カリウム水溶液に過剰の硝酸カルシウムを加えるなどの方法によって得られる.無色,無定形の粉末で,α型(単斜晶系)とβ型(りょう面体晶系),高温・高圧相のγ型の3種類の変態があり,β型は1125 ℃ 以下で安定,α型は高温相で1125~1430 ℃ で安定,常温では準安定状態にある.β型は密度3.14 g cm-3.融点1670 ℃.一,二,三水和物も知られている.水に不溶,エタノール,アセトンにも不溶.陶器のうわぐすり,オパールガラス材料,リン酸塩ガラス材料,研磨用歯磨き成分,砂糖・塩の凝結防止剤,カルシウム補強用医薬品,食品・家畜飼料添加物などとして使用される.リン酸カルシウムは生体適合性にすぐれているので,人工骨・歯根材料,骨補填材として用いられる.軟磁器(ボーンチャイナ)の主成分でもある.リン酸カルシウムとDNAを共沈させると,細胞が取り込む効率が高いので,遺伝子導入の目的で遺伝子工学に利用される.[CAS 7758-87-4]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リン酸カルシウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リン酸カルシウムの関連情報

関連キーワード

リン酸ジルコニウムリン酸カルシウム(燐酸カルシウム)リン灰石ラドラム鉄鉱りん灰石焼成リン肥リン酸製造法リン(元素)

他サービスで検索

「リン酸カルシウム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.