Rakuten infoseek

辞書

リン灰石【りんかいせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リン灰石
りんかいせき
apatite
火成岩に含まれるリン酸塩鉱物。 Ca5(PO4)3(OH,F,Cl) 。化学組成に対応して,フッ素リン灰石 Ca5(PO4)3F ,塩素リン灰石 Ca5(PO4)3Cl ,水酸リン灰石 Ca5(PO4)3OH などと呼ばれる。これらの間にはほぼ連続的に固溶体が形成される。六方晶系板状,柱状結晶または粒状,隠微晶質集合塊として産する。ガラス光沢ないし樹脂光沢,白,,青,緑,,紅色など。硬度5,比重 3.1~3.2。ときにケイ光,リン光を発する。火成岩,変成岩の副成分鉱物として産するほか,ペグマタイトや熱水鉱床中,堆積岩中などにも広く産する。リンの主要原料鉱物。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リン灰石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リン灰石の関連情報

関連キーワード

りん灰石トーマスリン(燐)肥リン(燐)灰石塩素リン灰石(塩素燐灰石)リン灰石(燐灰石)リン鉱(燐鉱)フッ素ラドラム鉄鉱リン(元素)燐鉱床

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.