Rakuten infoseek

辞書

リンパ節炎【リンパせつえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リンパ節炎
リンパせつえん
lymphadenitis
リンパ節の炎症。急性と慢性に分けられる。頭部,頸部,上下肢の化膿巣などからリンパ管を介してその所属リンパ節に病原菌が達し,炎症が起る。化膿していない段階を急性単純性リンパ節炎といい,化膿したものを急性化膿性リンパ節炎という。腋窩や鼠径部のリンパ節炎は,ぐりぐりを触れることで容易にわかる。感染の原病巣を治療するとともに抗生物質の投与,安静と湿布,化膿部位の切開排膿などを行う。慢性単純性リンパ節炎は小児に多い。数個のしこりを触れるが,圧痛もほとんどなく,予後はよい。結核菌による慢性リンパ節炎は頸部に多く,頸部リンパ節結核 (るいれき) と呼ばれる。数個のリンパ節が無痛性にはれ,しばしば癒着して腺塊をつくり,ついには皮膚に特有な瘻孔,潰瘍を形成するもので,発熱や局所熱感は少い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リンパせつ‐えん【リンパ節炎】
細菌などによるリンパ節の炎症。腫(は)れ・熱感・痛みなどがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館

りんぱせつえん【リンパ節炎 Lymphadenitis】
[どんな病気か]
 急性と慢性のリンパ節炎があります。
 急性リンパ節炎は、細菌の感染などによってリンパ管に炎症がおこり、リンパ管とつながっているリンパ節に急性の炎症がおこってくるものです。
 たとえば、足に傷ができ、そこから細菌が侵入して足のつけ根(鼠径部(そけいぶ))のリンパ節が腫(は)れて痛くなるなどがその例です。
 リンパ節は、からだのいろいろな部位に存在していますが、急性リンパ節炎がおこりやすいのは、頸部(けいぶ)、腋窩(えきか)(わきの下)、鼠径部などにあるリンパ節で(図「炎症がおこりやすいリンパ節」)、炎症がおこるとリンパ節が腫れて(リンパ節腫脹(せつしゅちょう))、押すと痛みます。
 リンパ節炎が悪化すると、化膿(かのう)することもあります。また、炎症が周囲の組織におよぶことがあり、節周囲炎(せつしゅういえん)になることもあります。
 慢性リンパ節炎は、リンパ節炎が長く続いている状態で、弱い刺激がくり返しリンパ節に加わっているためにおこることもありますし、急性リンパ節炎が治りきらずに慢性化しておこることもあります。
 慢性リンパ節炎のなかでも多いのは、肺結核(はいけっかく)(「肺結核」)にともなっておこる結核性リンパ節炎と、トキソプラズマ症(「トキソプラズマ症」)にともなっておこる慢性リンパ節炎です。
■結核性(けっかくせい)リンパ節炎(せつえん)
 結核にかかるとリンパ節にも病変がおよぶことがしばしばです。1個または数個のリンパ節が腫れてきますが、痛みはありません。腫れたリンパ節どうしがたがいに癒合(ゆごう)し、かたまりになってきます。
 リンパ系のがんである悪性(あくせい)リンパ腫(しゅ)とは腫れ方がちがうのですが、ときに鑑別がむずかしいことがあります。
[治療]
 原因となっている部位の治療が優先しますが、炎症がおさまるまで全身の安静を保つようにし、腫れたリンパ節は冷やします。
 抗生物質の使用が必要なことが多いので、医師の診察を受けましょう。ときには、リンパ節を切開して膿(うみ)を出さなければならないこともあり、そのときは外科への受診が必要になります。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版

りんぱせつえん【リンパ節炎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

リンパ節炎
りんぱせつえん
生体の防衛機構の一つであるリンパ節に細菌や毒素が取り込まれると防衛反応がおこるが、その反応の程度が強くて局所的な腫脹(しゅちょう)や疼痛(とうつう)などを伴った場合をリンパ節炎という。急性炎症と慢性炎症に分けられる。
 急性炎症には非化膿(かのう)性炎症、化膿性炎症、化膿性蜂巣織(ほうそうしき)炎症などがある。原因は通常、ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌であるが、ウイルスや原因不明の場合もある。また、体のある部位に炎症がおこると、その周辺の特定のリンパ節が腫(は)れ、ときには痛みがおこる。たとえば、淋疾(りんしつ)では大腿(だいたい)の付け根にある鼠径(そけい)部リンパ節炎がおこる。治療としては抗生物質の投与などを行い、化膿すれば外科的に切開排膿する。
 慢性炎症は毒力の弱い菌の慢性的刺激によっておこるが、急性炎症から移行することもある。腺病(せんびょう)質の小児では発熱に続いて頸(けい)部リンパ節の慢性腫脹がみられることもある。治療としては急性炎症と同様、原因となっている細菌などに対する抗生物質投与などとともに、対症療法を行うほか、小児の場合は体力をつけて抵抗力の増強を図るようにする。[折田義正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンパ節炎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リンパ節炎の関連情報

他サービスで検索

「リンパ節炎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.