Rakuten infoseek

辞書

リンパ管【リンパかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リンパ管
リンパかん
lymphatic vessel
リンパの導管をいう。起始部の毛細リンパ管毛細血管と似ているが,これよりも太く,各所に膨大部があって,互いに結合して毛細リンパ管網をつくっている。ここから出るリンパ管はリンパ管弁をもち,多くは互いに連絡してリンパ叢をつくり,次第に合流して本幹となって静脈と同じ方向に流れる。構造はだいたい静脈に似ているが,小リンパ管では中膜を欠き,大リンパ管でも静脈の場合より薄く,外膜の縦走筋も少い。弁は内膜のひだから成る半月弁で,リンパの逆流を防ぐ働きをする。通常2個ずつ管壁に対立し,外面からはふくれて見える。このため,リンパ管炎などでリンパが管内に滞ると,じゅず状のふくれができ体外から触れることができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リンパ‐かん〔‐クワン〕【リンパ管】
リンパが流れる管。毛細リンパ管が集合してから、しだいに合流して太くなり、胸管と右リンパ本幹の2本となって静脈に注ぐ。構造は静脈に似る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

リンパ管
 リンパ液の流れる管.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リンパかん【リンパ管 lymphatic vessel】
リンパ系の構成要素で,血管系における血管にたとえることができる。その管の中をリンパ球とともに透明な体液,リンパ液が流れている。大部分の哺乳類では,組織内で血管から滲出した組織間隙の体液は,1層の内皮細胞から成る薄い管壁の毛細リンパ管に入る。この毛細リンパ管は網目状をなしている。それらが集まり,しだいに太くなった各器官の輸出リンパ管は,順次集合してリンパ本幹(主幹)となり,静脈に合流する。この間,多くの鳥類と哺乳類とでは,通常いくつかのリンパ節を経由する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

リンパかん【リンパ管】
リンパが流れる脈管。構造は大体において静脈に似ており、静脈と同一方向に流れる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リンパ管
りんぱかん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンパ管」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リンパ管の関連情報

他サービスで検索

「リンパ管」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.