Rakuten infoseek

辞書

リンパ球【リンパきゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リンパ球
リンパきゅう
lymphocyte
直径が7~12μmの球形細胞で,リンパ組織のおもな構成分である。大リンパ球と小リンパ球がある。末梢血白血球に占めるリンパ球は約 30%,リンパ液の場合はほとんどリンパ球で占められている。小型の丸いをもち,細胞質は少い。細胞質は透明で好塩基性は認められないが,アズール顆粒をもつ。能動的な運動性を示し,食作用を行うリンパ球もある。リンパ球は生体防御にあずかる重要な細胞で,大きく分けて,骨髄由来で液性免疫に関与するB細胞 (Bリンパ球) と,胸腺由来で細胞性免疫に関与するT細胞 (Tリンパ球) とがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リンパ‐きゅう〔‐キウ〕【リンパ球】
白血球の一。骨髄で生成され、リンパ節胸腺などで分化成熟・増殖し、免疫を担当する。B細胞Bリンパ球)・T細胞Tリンパ球)がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

リンパ球
 免疫細胞ともいう.白血球の大部分を占める細胞で,リンパ節,脾臓,胸腺,消化管壁,骨髄などに存在.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リンパきゅう【リンパ球 lymphocyte】
ガラスやプラスチック面を走するとき,細胞小器官のなかで核を先頭にして移動するという運動形態学的共通性を備えた血液中の細胞群の総称で,免疫過程において重要な役割をはたす。脊椎動物では,胸腺由来のT細胞thymus derived cell(Tリンパ球),および鳥類のファブリキウス囊bursa fabriciiないし骨髄bone marrow由来のB細胞(Bリンパ球)に大別される。また大きさから,小リンパ球(直径6~8μm,成熟リンパ球)と大リンパ球(直径8~16μm,小リンパ球の幼若型あるいは若返り型)に分類される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

リンパきゅう【リンパ球】
白血球の一種。 T リンパ球と B リンパ球に分けられ、多くの場合、両者協同して免疫反応に直接的に働く。骨髄由来の細胞から分化したもので、いずれも脾臓とリンパ節に送られて、ここで分裂増殖する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リンパ球
りんぱきゅう
白血球の一種で、免疫能を担当する細胞。ギムザ染色では、好中球よりやや小形の円い細胞で、原形質は薄青色、核周辺は明るい。核は濃く染まるが、細く鋭い切れ込みがあるものが多い。小リンパ球、大リンパ球の別があるが、顆粒(かりゅう)球のようにペルオキシダーゼは含有しない。運動能は白血球のうちでいちばん弱く、貪食(どんしょく)能力は通常はみられない。血液1立方ミリメートル中に1500~2500個ある。
 リンパ球は骨髄内で造血幹細胞からつくられてリンパ芽球となり、成熟して一部は胸腺(きょうせん)を通ってTリンパ球となり、胸腺とリンパ節の傍皮質領域に分布する。また一部はブルザ相当器官(おそらく腸管リンパ節)を通ってBリンパ球となり、リンパ節では濾胞(ろほう)、髄質に分布する。血液中ではTリンパ球が75%で、ヒツジの赤血球とロゼットを形成するところから判別される。残りの25%はBリンパ球で、抗原レセプターの存在から判別される。また、どちらの性格ももたないものはナルNull細胞といい、免疫学的に機能のない幼若リンパ球である。Bリンパ球は必要に応じて形質細胞などの分泌細胞に変化して免疫グロブリン(抗体グロブリン)を分泌して侵入する抗原に立ち向かう(体液性免疫)。Tリンパ球は、ツベルクリン反応のような遅延型アレルギー反応、移植免疫、目標となる細胞を攻撃する作用などをもち、かつBリンパ球の機能を調節する働きももつ(細胞性免疫)。生体にとって有害な抗原物質が侵入すると、リンパ球は分裂して数を増しながらTリンパ球とBリンパ球が協力して抗原物質を無害なものにする。これに顆粒球、単球(マクロファージ)も貪食能をもって協力しあっている。[伊藤健次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンパ球」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リンパ球の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.