Rakuten infoseek

辞書

リンゲル液【リンゲルえき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リンゲル液
リンゲルえき
Ringer solution
リンガー液ともいう。 1882年イギリスの生理学者,S.リンゲル (1835~1910) が,カエルなどの変温脊椎動物から摘出した心臓などを,長く正常に近い状態で保存するために使用した溶液塩化ナトリウム塩化カリウム塩化カルシウムに注射用蒸留水を加え,体液と等張にした溶液である。血液代用液としてしばしば輸液に用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リンゲルえき【リンゲル液 Ringer solution】
リンガー液ともいう。イギリスの生理学者リンガーSydney Ringer(1835‐1910)が,1882年カエルの摘出心臓の灌流実験のために処方した最初の生理的塩類溶液。彼は,カエルの心臓を血液の代りに生理食塩水で灌流するとき,食塩だけではすぐ拍動が止まってしまい不十分であるが,これに塩化カルシウムと塩化カリウムを加えると長く活動を続けることを発見した。この液は,1000ml中に塩化ナトリウム8.6g,塩化カルシウム0.3gおよび塩化カリウム0.33gを含み,単独にあれば毒作用を呈するはずのナトリウム,カルシウム,カリウムの陽イオンが互いに打ち消し合って平衡を保っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

リンゲルえき【リンゲル液】
血清と同様に浸透圧・無機塩類組成・水素イオン濃度を調整した体液の代用液。イギリスの医学者リンガー(Sydney Ringer1835~1910)が1882年カエルの心臓の灌流実験のために処方したものに基づく。動物生理学・解剖学・医療面で広く用いられている。リンガー液。リンゲル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リンゲル‐えき【リンゲル液】
〘名〙 (リンゲルは Ringer リンガーのドイツ語読み) 一八八二年、生理的食塩水をイギリスの医学者S=リンガーが改良したもの。塩化ナトリウム八・六グラム、塩化カリウム〇・三グラム、塩化カルシウム〇・三三グラムを注射用蒸留水に溶かし一リットルにしたもの。無色透明で弱い塩味がある。静脈注射に用いられる。リンゲル。
華燭の日(1957)〈尾崎一雄〉四「リンゲル液だとか葡萄糖だとか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リンゲル‐えき【リンゲル液】
リンガー液」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リンゲル液
りんげるえき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンゲル液」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リンゲル液の関連情報

関連キーワード

ボアソナード早稲田大学スティーブンソンマーク・トウェーンワーグナージーモンディルクセンハルゼーフォンタネージプルーイン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.