Rakuten infoseek

辞書

リング

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リング
Ling, Pehr Henrik
[生]1776.11.15. クルーヌーベリ
[没]1839.5.3. ストックホルム
スウェーデンの近代体育の先駆者。 1799年デンマークへ渡り,コペンハーゲンの大学で神学,言語学を学びながら F.ナハテガルから体操の指導を受けた。 1804年帰国後,J.グーツムーツの器具体操に人体解剖学生理学を根底におく徒手体操を加えたスウェーデン体操を創始。これはリングの体操の体系の核心を形づくるものであり,肋木,登攀はしご,平均台などを用いたり,軽器具と呼ばれる棒,棍棒,唖鈴なども用いたものである。またその子 H.リングも,スウェーデン体操を教育体操として発展させた。主著『体操便覧』 Reglemente für Gymnastik (1836) ,『体操の一般的原理』 Allgemeine Begrundung der Gymnastik (1840) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リング(Pehr Henrik Ling)
[1776~1839]スウェーデンの体育家。スウェーデン体操の父といわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リング(ring)
輪。また、輪のような形をしたもの。「イカのリングフライ」
指輪。「エンゲージリング
ボクシングやプロレスの試合場。正方形のマットの周囲にロープを張り、高くしつらえた台。
[補説]書名別項。→リング

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

リング

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソフトダーツ辞典

リング
シャフトに取り付け、フライトが外れにくくするためのパーツ。シャフトリングともいう。

出典:株式会社ダーツライブ
Copyright (C) DARTSLIVE Co.,Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リング【Per Henrik Ling】
1776‐1839
スウェーデン体操の創始者,詩人。スモーランド地方リュンガの牧師の家に生まれる。母モリーンは17世紀の愛国主義者オーロフ・ルドベックOlof Rudbeck(1630‐1702)の家系につながるという。ルンド大学,ウプサラ大学などで学ぶ中でゴート主義に傾倒。病弱であった彼は,1797年フランスの医師ティソClèment Joseph Tissot(1750‐1826)の書に接し,乗馬やフェンシングが体に良いことを知る。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

リング【ring】
。輪状のもの。
指輪。 「エンゲージ--」
ボクシングやプロレスなどの試合場。 「 -にのぼる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リング
りんぐ
Pehr Henrik Ling
(1776―1839)
スウェーデン体操の創始者。大学では神学と言語学を学んだが、のちにデンマークにナハティガルを訪れ体操の指導を受けた。彼は解剖学、生理学を学び、体操に科学的根拠を与えた。体操を分類して、〔1〕教育体操、〔2〕兵式体操、〔3〕医療体操、〔4〕美的体操とした。しかし実際には教育、兵式、医療の三部門だけが指導され、教材の数もきわめて少なく、その運動様式もはなはだ簡単であった。スウェーデン体操としてもっとも特色を発揮したのは教育体操と医療体操で、本国スウェーデンだけでなく、ドイツ体操とともに近代における世界の体操を二分して君臨した。[上迫忠夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

リング
生年月日:1776年11月15日
スウェーデンの近代体育の先駆者
1839年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リングの関連情報

関連キーワード

アメリカ史チュルゴー蕪村ゴローブニン上田秋成ゴローニングアテマラトロピーニンアトウッドアメリカ独立宣言

他サービスで検索

「リング」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.