Rakuten infoseek

辞書

リュトブフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リュトブフ
Rutebeuf
13世紀後半のフランスの詩人ジョングルールとして貧窮のうちに放浪生活を続け,庇護者を求めてみじめな生涯をおくった。聖者伝からファブリオー風刺詩まで,ほとんどすべてのジャンルの作品を残している。抒情性に富み,清新な感覚にあふれた詩篇は,ビヨン先駆と目される。自己の不遇を嘆いた『リュトブフ貧困歌』 La Povreté Rutebeufなどのほか,魂を悪魔に売ろうとした僧侶聖母に救われるというファウスト伝説に似た主題の,最古の聖母奇跡劇『テオフィールのミラークル』 Le Miracle de Théophile (1261頃) ,独白劇『薬草売りの口上』 Le Dit de l'herberieなどが知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リュトブフ(Rutebeuf)
フランスの詩人。13世紀半ばごろ活躍。叙情詩・風刺詩や時局に関する詩、狂言劇など多彩な作品を発表。詩「リュトブフの愁訴」、宗教劇「テオフィルの奇跡」など。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リュトブフ【Rutebeuf】
中世フランスの詩人。生没年不詳。1245‐80年ころに活躍。シャンパーニュ地方出身説もあるが確証はない。パリに住み,詩人であると同時に職業的吟遊楽人(ジョングルール)。ラテン文学やフランス文学の素養があり,聖人伝,宗教詩(《天国の道》など),ファブリオー,聖母奇跡劇(《テオフィルの奇跡劇》)など多くのジャンルを手がけ,とくに政治・社会風刺詩,抒情詩に優れた才を発揮。現存詩編は55編1万4000行に及ぶが,かなりの部分は貴族の注文により(いくつかの《挽歌》),あるいは彼らに売り込むために作られたと推定される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

リュトブフ【Rutebeuf】
フランスの詩人。一三世紀半ばに活躍。作品は風刺詩・抒情詩・宗教詩・ファブリオー(韻文の笑い話)など多彩なジャンルにわたる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リュトブフ
りゅとぶふ
Rutebeuf
生没年不詳。13世紀フランスの詩人。シャンパーニュ地方出身で、パリ大学に学んだ。自身の貧困や結婚を歌った叙情詩、パリ大学紛争に関し、神学者で総長のギヨーム・ド・サン・タムールGuillaume de Saint-Amour(1202―72)を弁護し托鉢僧(たくはつそう)団を批判した風刺詩やファブリオーfabliau、聖者伝、宗教劇などレパートリーは広いが、作家としての内面的要求によるというよりは、むしろ、彼の保護者たちの気に入られるための、話題性に富んだジャーナリスティックな作品が多い。[鷲田哲夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リュトブフ
(Rutebeuf) フランスの詩人。一三世紀半ばごろ活躍。抒情詩・風刺詩や時局に関する詩、狂言劇など多彩な作品を発表。詩「リュトブフの愁訴」、宗教劇「テオフィルの奇跡」など。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リュトブフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リュトブフの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.