Rakuten infoseek

辞書

リュシマコス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リュシマコス
Lysimachos
[生]前355頃
[没]前281頃
古代マケドニアの将軍,王。アレクサンドロス3世 (大王) のアジア遠征に側近として武勲を立て,前 323年の大王死後のサトラップ (州総督) 領分割の際には大王の「後継者 (ディアドコイ ) 」の一人としてトラキアを領有した。領内の先住民の平定戦に長年没頭し,ギリシアおよびアジアにおける他の後継者たちの争いにはほとんど関与しなかった。ようやく前 302年,後継者の一人でアンチゴノス1世打倒連合の主導者として第一級の権力者の一人となり,翌年イプソスの戦いでアンチゴノスを敗死させた。この勝利で小アジアの大部分をヨーロッパの自己の所領に併合し,両地方でアンチゴノスの息子デメトリオス1世の圧迫に対して勢力を固め,前 294年マケドニアに侵入したデメトリオスを,前 285年同地から駆逐した。晩年は不遇で,彼の第3夫人アルシノエ2世の陰謀によって,実子を処刑,この処刑後の混乱を利用してセレウコス朝シリアの王セレウコス1世が小アジアに侵攻,リュシマコスは前 281年リュディアのコルペディオンの会戦で戦死した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リュシマコス【Lysimachos】
?‐前281
マケドニアの将軍。アレクサンドロス大王の信任を受け,王の死後トラキア総督としてその地に支配権を確立。大王遺領の統一支配をめざすアンティゴノス父子に対し,プトレマイオス1世等とともに戦い,前301年アンティゴノス1世を敗死させ,前287年その子デメトリオス1世をマケドニア王位から追い,勢力を伸張させたが,家庭内の紛糾のため人心を失い,シリア王セレウコス1世との戦いに敗れ,死去した。【井上 一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

リュシマコス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リュシマコスの関連情報

関連キーワード

セレウコス1世リシマコスセレウコス[1世]計算書類付属明細書セレウコス[1世]証拠開示苻健同盟市戦争同盟市戦争セウォル号

他サービスで検索

「リュシマコス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.