Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

リシマコス【りしまこす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

リシマコス
りしまこす
Lysimachos
(前361―前281)
アレクサンドロス大王の部将で、大王没後はトラキア王(前323~前281)、マケドニア王(前286~前281)。大王の没後、諸将と合従連衡を繰り返してそのつど中心勢力(ペルディッカス、ポリペリコン、アンティゴノス1世)を共同で倒しつつ、かつ相互に拮抗(きっこう)し、ディアドコイ戦争を展開。最強の兵力を誇った。その間、紀元前305年マケドニア王を宣し、ガリポリ半島の地に己の名を冠したリシマキアを建都した。圧政で人心を失い、また晩年エジプト王プトレマイオス1世の娘アルシノエ(2世)をも妃に迎えて家内の紛糾を招き、前281年2月小アジア西部クルペディオンでシリア王セレウコス1世に敗死した。[金澤良樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

リシマコス

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リシマコス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リシマコスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.