Rakuten infoseek

辞書

リシア雲母【リシアうんも】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リシア雲母
リシアうんも
lepidolite
雲母ともいう。 K2(Li,Al)5~6(Si,Al)8O20(OH,F)4 。リチウムを含む特殊な雲母。単斜晶系。比重 2.8~2.9,硬度2~4。バラ色,紫,灰色。鱗状,柱状,真珠光沢。白雲母にも酸化リチウムが 3.3%まで含まれるが,それ以上含まれると結晶構造が変ってリシア雲母となる。リチウムの含有量は 7.7%内外。リシア雲母は白雲母と固溶体をつくる。ペグマタイトに産する。英名はギリシア語の lepidos (鱗状) に由来する。リチウム原料鉱物としてはリシア輝石に次いで重要で,約 22%を占める。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りしあうんも【リシア雲母】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

リシア雲母」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リシア雲母の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.