Rakuten infoseek

辞書

リエカ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リエカ
Rijeka
イタリア語ではフューメ Fiume。クロアチア西部の港湾都市アドリア海北東岸のクバルネル湾奥に位置し,旧市街はの上に,新市街は海岸線と崖下の間に狭く広がっている。第1次世界大戦までオーストリアハンガリー帝国領。その後はムッソリーニ率いるイタリアの領地となったりしたが,45年旧ユーゴスラビア領,91年クロアチア領となった。ローマ時代の凱旋門 (3世紀) を有する旧市街は,古代名をタルサティカといった。貿易港,海辺保養地,観光基地として有名。石油精製,製紙,ディーゼル機器などの工業が盛ん。人口 20万 5842 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リエカ(Rijeka)
クロアチア共和国北西部、アドリア海に面する港湾都市。造船が盛ん。第一次大戦後イタリア領、1945年からユーゴスラビア領となっていた。イタリア語名フィウメ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リエカ【Rijeka】
クロアチア北西部の都市。人口16万8000(1991)。イタリア名フィウメFiume。アドリア海のクバルネル湾北部のリエカ湾北端にあるこの国最大の海港。先住者はイリュリア人とケルト人で,ローマ時代はタルサティクムTarsaticumとして栄えた。7世紀クロアチア人が住みつき,〈川〉を意味する現在の名を得た。15世紀オーストリアの支配下に入り,1717年自由港と宣言されたが,1867年オーストリアとハンガリー間のアウスグライヒ(妥協)によって直接ハンガリーが管理することになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

リエカ【Rijeka】
クロアチア北西部、アドリア海に面する港湾都市。造船・石油精製などの工業が発達。イタリア名、フィウメ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リエカ
りえか
Rijeka
クロアチア共和国西部の港湾都市。イタリア語名フィウーメFiume。人口14万4043(2001)。アドリア海北部のリエカ湾岸、レツィナReina川河口部に位置する。名称はこの川に由来する。クロアチア最大の港湾都市で、造船業とその関連産業が主産業。ほかに石油化学、木材加工、食品などの工場がある。歴史上、オーストリア・ハンガリー帝国の重要な中継港の役割を果たしてきたが、第一次世界大戦後イタリアとユーゴスラビア王国との間で「フィウーメ問題」としてその帰属が争われた。第二次世界大戦後の1947年、レツィナ川左岸のスシャクSuakを合併して複合港湾都市となった。リエカ大学、高等商船学校、商科大学、海洋研究所、博物館がある。付近の海岸では、背後の石灰岩台地を流下してきた地下水が、海底でいくつもの淡水泉として湧出(ゆうしゅつ)している。神奈川県川崎市と姉妹都市。[漆原和子]

歴史

ローマ時代からアドリア海の重要な港町であった。7世紀にクロアチア人が定住した。一時、クロアチア王国が支配するが、12世紀からはハンガリー王国、ついでベネチアの統治下に置かれた。1467年以後ハプスブルク帝国の領土に組み込まれたが、1717年に自由港を宣言。1867年オーストリアとハンガリー間にアウスグライヒ(和協)が成立すると、海港を望んでいたハンガリーの直接支配下に置かれた。第一次世界大戦後、ロンドン秘密条約を盾にとりイタリアが進攻。1919年には詩人ダンヌンツィオが指揮してイタリアが占領した。1920年11月のラパロ条約で占領が承認され、1924年のイタリア・ユーゴスラビア間のローマ協定により確認された。第二次世界大戦終結間近の1945年5月、ユーゴスラビア人民解放軍が解放。戦後は旧ユーゴスラビア領となったが、1991年、クロアチアが独立し、リエカはクロアチア領となった。[柴 宜弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リエカ
(Rijeka)⸨リエーカ⸩ クロアチア共和国北西部、アドリア海に臨む港湾都市。同国最大の貿易港で、造船・石油精製・木材化学などの工業もさかん。第一次世界大戦後の一九二四年イタリアが併合。四五年からはユーゴスラビア領。九一年からクロアチア領。イタリア語名フィウメ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リエカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リエカの関連情報

関連キーワード

フィウメ占領ソルダーティフィウーメ問題フィウメ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.