Rakuten infoseek

辞書

リウマチという名前について【りうまちというなまえについて】

家庭医学館

りうまちというなまえについて【リウマチという名前について】
「リウマチ」の語源は、ラテン語で「流れ」という意味のことばです。からだの中に悪い液体があって、それがからだの中をめぐることで、ふしぶしが痛むと考えられていたのです。
 関節リウマチの患者さんの会である「日本リウマチ友の会」の機関誌の名が『流れ』となっているのも、このことからきています。
 一般に、病気の経過をあらわす場合に「急性」と「慢性」という表現が使われます。
 かつて呼ばれたように、慢性関節リウマチがあるのなら、急性関節リウマチもあるのかと聞かれることがあります。
 急激に発病する場合や、慢性に経過していても急に悪くなる場合もあります。しかし、急性リウマチとは呼びません。
 また、関節リウマチがあるのなら筋肉リウマチがあるのか、とも聞かれます。
「筋肉リウマチ」という病名はありませんが、似た病気に、高齢者にときどきみられる「リウマチ性多発筋痛症(せいたはつきんつうしょう)」という病気があります。それほど多い病気ではありませんが、関節リウマチとは、まったく別の病気です。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

リウマチという名前について」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リウマチという名前についての関連情報

他サービスで検索

「リウマチという名前について」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.