Rakuten infoseek

辞書

ラ・ボエシー

世界大百科事典 第2版

ラ・ボエシー【Étienne de La Boétie】
1530‐63
フランス中部の町サルラの人。オルレアンで法律を学んだのち,1554年ボルドー最高法院評定官となり,57年同僚として着任したモンテーニュ親交を結ぶ。学識識見によって令名をうたわれたが流行病で死去。71年詩作品およびクセノフォンプルタルコスの翻訳がモンテーニュの手で出版される。また《自発的隷従論》は若い時期の作品で,暴君が存在しつづけるのは人民たちがみずから屈従する態度をとるためとするが,これが古代作家から得た材料による一般論か現実の対象を念頭においたものかは論がわかれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ラ・ボエシー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラ・ボエシーの関連情報

関連キーワード

シャンソン(フランス中世多声歌曲)バビロニアバーブルコレッジョ狩野正信アンドレア・デル・サルトバーブルマルガレーテ・フォン・エステルライヒティンダル(William Tyndale)動脈管開存症

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.