Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ランリム(狼林)山脈【ランリムさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ランリム(狼林)山脈
ランリムさんみゃく
Rangrim sanchulgi
北朝鮮の北部中央にある南北方向の山脈。アムロク (鴨緑) 江にのぞむチャガン (慈江) 道のチュンガン (中江) 郡から約 400kmにわたって連なり,カンウォン (江原) 道でクミャ湾 (旧称永興湾) に没する。平均標高は 1500m前後で,ワガル (臥碣) 峰 (2262m) ,ランリム山 (2184m) などの高峰がある。東はケマ (蓋馬) 高原に続くが,西はカンナム (江南) 山脈,チョギュリョン (狄踰嶺) 山脈,ミョヒャン (妙香) 山脈などの支脈が分れ,一般に傾斜は急である。テドン (大同) 江,チョンチョン (清川) 江が源を発する。クアンソ (関西) 地方とクアンブク (関北) 地方を分けており,アドンリョン (牙得嶺) 峠などの交通路が開かれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランリム(狼林)山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ランリム(狼林)山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.