Rakuten infoseek

辞書

ラボアジエ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラボアジエ
Lavoisier, Antoine-Laurent
[生]1743.8.26. パリ
[没]1794.5.8. パリ
フランスの化学者。弁護士の家に生れる。コレージュ・マザラン,法科大学で学び,在学中から地質学者 J.E.ゲタールについて地質調査を行い,科学への関心を深めていく。市街の照明施設に関するパリ科学アカデミーの懸賞に応募,注目を集めた (1766) 。科学アカデミー会員 (78) ,同幹事長 (87) 。また国家の徴税請負人となり (68) ,1772年には貴族の称号を買収。火薬監督官 (75) 。自分の広大な所有地で農事改良にもたずさわる。革命政権下で度量衡改正委員。しかし旧体制に深くかかわっていたため,逮捕投獄され (93) ,94年ギロチンにかけられ処刑された。ラボアジエの化学研究は包括的な枠組みのなかで既知の諸現象を精密な定量的実験に裏づけられた新しい解釈のもとに体系化し直し,近代化学の壮大な基礎を据えるものであった。代表的な業績を上げると,伝統的元素観に基づいて信じられていた水の土への転換説を決定的に否定したこと (69) ,燃焼に関する従来のフロギストン説を排して,少くとも 77年までには新しい酸化=燃焼理論を確立したこと,H.キャベンディッシュによる水の分解実験を知り,反フロギストン説の立場から新解釈を加え,水の組成を確定したこと (83) などがある。また彼の研究が精密秤量技術を駆使したきわめて定量的なものであったことは,近代化学研究の基礎となった質量保存の法則の明確な定式化 (89) を生んだ。さらに革新的な元素観に基づいて,新しい単体表 (33種) を提出し,また新しい化学の術語体系を C.ベルトレらとの共著『化学命名法』 Méthode de Nomendature Chimique (87) で提唱した。主著『化学要論』 (89) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラボアジエ【Antoine‐Laurent Lavoisier】
1743‐94
フランスの化学者。パリ生れ。マザラン・カレッジ在学時に数学,天文学などをも学んだが,1761年にパリ大学法学部に移り,3年後に父と同じく高等法院弁護士の資格を得る。しかし,法学部在学中に化学の講義を聴講したり,地質学者ゲッタールJ.E.Guettardの地質調査の手助けをし,フランス鉱物地図作製に協力を始めた。64年に最初の化学研究としてセッコウの研究を行い,またパリ市街照明改良のコンクールに応募し,金メダルを得た(1766)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ラボアジエ【Antoine Laurent de Lavoisier】
1743~1794) フランスの化学者。近代化学の父とよばれる。フロギストン説を否定し、燃焼は酸化であることを明らかにし、質量保存の法則を示す。定量的実験研究をもとに化学の体系化を試み「化学要論」を著す。フランス革命で処刑死。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラボアジエ
らぼあじえ
Antoine-Laurent Lavoisier
(1743―1794)
フランスの化学者。[吉田 晃]

化学者としてのデビュー

高等法院の検事の息子として、パリに生まれる。マザラン・カレッジで学んだのち、パリ大学法学部に入り、法学士の資格をとった(1764)。しかし、家業は継がず、自然科学の知識の吸収に熱中した。とくに、以前から家と親交のあった地質学者ゲッタールの影響は大きく、鉱物の標本を集めたりしていたし、化学への関心も彼によってかき立てられたようである。
 最初の化学研究は石膏(せっこう)の分析で(1764~1765)、早くも定量的方法が使われている点で注目に値する。また、パリ市の照明に最適な街灯を求むというコンクールに応募して、メダルを獲得した(1766)。1767年には、ゲッタールとともに、鉱物地質地図作成のための旅行をし、その後も10年間ほどこの地図の完成のために努力した。この旅行で集めた飲料水の分析結果を発表し、パリ科学アカデミー会員に選ばれた(1768)。同年末、水が土に変換しうるという説の真偽を確かめるため、水を密閉容器内で101日間沸騰し続けた。そして精確な秤量(ひょうりょう)を行い、生成した白い沈殿物は容器の内壁が溶け出したものであることを示し、先の説の誤りを立証した。また同年、徴税請負人組合の一員となって経済的にも自立し、1771年には同業者の娘を妻に迎えた。1775年には火薬硝石公社の管理人となり、翌1776年兵器廠(しょう)に移り住んだ。そこにりっぱな実験室をつくり、実験の大部分はそこで行われることになる。[吉田 晃]

燃焼理論の確立

当時化学者の興味をひいた現象に燃焼があり、ダイヤモンドの燃焼や、凸レンズを使った太陽光線による燃焼実験が繰り返された。燃焼の理論としては、シュタールによるフロギストン説が知られていた。すなわち、燃焼とは一種の分解現象で、燃焼物中に含まれていたフロギストン(燃素)が飛び出てきて、熱や炎となるというのである。一方、金属が加熱によって金属灰となる(かしょう)も、燃焼と同じ現象とみなされた。ところが、一般には燃焼後に残る灰は軽くなるのに、金属灰ではすべて重量が増加することが明らかになってきた。そこで、この矛盾をいかにして説明するかが問題となった。
 ラボアジエは、1772年にリンの燃焼実験を行い、重量が増加することを確認し、続いて、硫黄(いおう)についても同様であることをみいだした。その際、空気が吸収されることから、燃焼や焼における重量増加の原因は、空気の吸収にあると考えた。そこで1773年の初めから、燃焼と重量増加の問題を徹底的に調べることを決心した。彼はまだフロギストンの否定はせず、燃焼の際、フロギストンと空気が入れ替わるとした。しかしこの吸収される空気は、ブラックが1755年ころ発見した「固定空気」(二酸化炭素)ではないかと考えていたため、解決の糸口をつかめずにいた。1774年10月にプリーストリーがパリを訪れ、数か月前に行った酸化水銀の実験およびその際得られた燃焼を助ける気体(酸素)について語ったが、ラボアジエの関心をひかなかったようである。翌1775年になって、ラボアジエは酸化水銀を強熱して酸素を得る実験を繰り返し、二酸化炭素との区別をはっきりさせることができた。酸素という名称は1779年になって提唱されるが、その動機は、一般に酸素と結合すると酸が生成すると考えたからである。燃焼の際の重量増加は結合する酸素の量に一致するので、燃素を仮定する必要はないとしてフロギストン説を批判した。[吉田 晃]

定量実験法と近代化学の基礎

一方でラボアジエはラプラスと協力して熱量計による実験を行った。これはラプラスの考案によるもので、氷が熱により融(と)けて水となった量を量るという簡単な装置で、比熱、反応熱、呼吸による熱などが測定された(1782~1783)。
 ラボアジエは、水素も酸素と結合すると酸になると考えていたため、水の生成(キャベンディッシュが発見)を見過ごしたが、水の分解を最初に行ったのは彼である。1784年に鉄管を灼熱(しゃくねつ)し、中に水滴を垂らすことにより、水素を得た。これは、1783年に始まった軽気球飛行に必要な大量の水素を得るために考えられたものである。水は正確に酸素と水素とからだけ成り立っていることが定量的に確かめられて以後(1785)、酸素による燃焼理論を支持する化学者が少しずつ増えてきた。
 1787年、ギトン・ドゥ・モルボを中心として、ラボアジエ以下反フロギストン派により『化学命名法』が出版され、元素の定義とともに水素、窒素などの名称が採用された。しかし、その元素のなかには光やカロリック(熱素)が含まれており、ラボアジエによれば、酸素ガスとは酸素元素とカロリックとが結合したものであった。1789年に、この新命名法および新しい気体化学に基づいて、入門書として『化学綱要』を執筆した。そのなかで、彼がこれまで意識的に使ってきた質量保存の原理が明確に述べられている。同年、反フロギストン派により『化学年報』が創刊され、彼の説を広める役を担った。しかし、少なくともフランスにおいては、ラボアジエの支持者たちは酸素による燃焼の理論だけでなく、酸素を酸の原因とする理論およびカロリック説も受け入れたことにより、19世紀に問題を残した。
 ラボアジエは農業にも関心を示し、ブロアの近くの土地を入手したのを機会に、作物の収穫を増やすための実験を始め、王立農業学会や、政府の農業委員会に加わった。思想的には、ケネーらの重農主義者に近い考えをとっている。[吉田 晃]

革命による中断

フランス革命は、他の科学者同様、ラボアジエに対しても政治的参加の場を提供した。すでに革命前の1787年には所有地のオルレアン地方議会で第三階級代議員として活動していた。1789年にはパリ自治市の代議員となった。1791年に徴税請負制度が廃止されたが、ラボアジエの財政上の手腕が買われて、国庫財務委員に任命された。国民議会により度量衡の統一が決定されると、新しい単位決定のため、科学アカデミー内に委員会が設けられた(1791)。ラボアジエは、質量の単位を決定するため、各温度のもとで一定体積の蒸留水の質量を精密に測定した。忙しい公務の合間にも自分の研究を続け、その対象は気体化学そのものから、呼吸と燃焼の関係といった生理学的なものに移っていった(1790~1791)。おそらく革命の行きすぎを懸念したためであろうが、科学アカデミーの活動に専念するために、結局政府のポストをすべて辞任し、兵器廠の住居も引っ越した(1792)。しかし、恐怖政治の始まった1793年の夏には、他のすべての学会とともに科学アカデミーも閉鎖された。同年秋には元徴税請負人は全員逮捕され、1794年5月、ラボアジエも含めて、断頭台に送られた。彼の化学における仕事はすでに終了していたといえるが、呼吸の生理学的研究は始まったばかりで中断されてしまった。[吉田 晃]
『E・グリモー著、江上不二夫訳『ラヴォアジェ伝』(1941・白水社) ▽M・ドーマ著、島尾永康・天羽均訳『ラヴォワジエ』(1978・東京図書) ▽中川鶴太郎著『ラヴォアジエ』(1991・清水書院) ▽エドアール・グリモー著、田中豊助・原田紀子・牧野文子訳『ラボアジエ 1743―1794』(1995・内田老鶴圃)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラボアジエ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラボアジエの関連情報

関連キーワード

鹿児島県の要覧塩化ベンジルフィリッポス[5世]カンファーフィリッポス5世ベンゾピレン作東硫砒銅鉱わいせつ罪たつの(市)

他サービスで検索

「ラボアジエ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.