Rakuten infoseek

辞書

ラプラタ川【ラプラタがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラプラタ川
ラプラタがわ
Río de la Plata
南アメリカ中南部東岸,アルゼンチンウルグアイの間にある大西洋の湾入部。湾あるいは海とみなす地理学者もいるが,一般にはパラナ川ウルグアイ川が合流してその下流に形成した大三角江エスチュアリー)と考えられている。南西岸にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスが,北岸にウルグアイの首都モンテビデオが立地する。パラナ川の三角州にウルグアイ川が流入したところから南東へ約 300km,ウルグアイ側のプンタデルエステとアルゼンチン側のサンアントニオ岬を結んだ線あたりまでがラプラタ川とされ,幅は最奥部の約 30kmからしだいに広がり,大西洋への出口では約 220kmとなる。アルゼンチン北部,ウルグアイの大部分,パラグアイ全土,ボリビア南東部,ブラジル南部にわたる総面積 310万km2の広大な地域を集水する両川が大量の土砂を運んでくるため,三角江内には水深 2~4mの浅瀬が多く,これらを浚渫して水路が開かれている。最大水深は約 20m。アルゼンチン側の岸は低平で海成の岩屑や粗い砂からなるのに対し,ウルグアイ側の岸は高く,おもに岩石からなり,沿岸にはマルティンガルシア島,サンガブリエル島などの小さな島が点在。三角江内の水位変動は両川の流量変化によるものよりも,潮汐作用と南西風・南東風によるもののほうが大きい。潮汐作用の影響は両川の合流点から約 200km上流にまで及ぶ。16世紀初めヨーロッパ人がパナマ地峡を横切って太平洋を発見したのち,大西洋から太平洋にいたる航路を探していたスペインの航海者フアン・ディアス・デ・ソリスが 1516年ここに到達。1520年にポルトガルのフェルディナンド・マゼラン,1526~29年にはイタリアのセバスティアノ・カボートがこの地域を探検。先住民のインディオ(ラテンアメリカインディアン)がもっていた銀製品に強い関心をもったスペイン人は,この三角江を「銀の川」を意味するリオデラプラタと名づけ,沿岸に入植を開始,1536年にブエノスアイレスを建設した。沿岸には両首都のほか,ウルグアイ側にコロニアデルサクラメントマルドナド,アルゼンチン側にラプラタなどの都市が立地し,沿岸一帯は両国ともその国の最大の人口集中地帯となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラプラタ‐がわ〔‐がは〕【ラプラタ川】
アルゼンチン・ウルグアイ間を流れ大西洋に注ぐ湾状の大河。パラナ川とウルグアイ川の合流点から下流をいう。長さ約300キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラプラタ‐がわ ‥がは【ラプラタ川】
(ラプラタはLa Plata) 南アメリカのアルゼンチンとウルグアイの間を流れる大河。パラナ川とウルグアイ川との合流点から河口までをいう。河口の北岸にモンテビデオ港、南西岸にブエノスアイレス港がある。全長約三〇〇キロメートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラプラタ川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラプラタ川の関連情報

他サービスで検索

「ラプラタ川」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.