Rakuten infoseek

辞書

ラブラドル・レトリーバー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラブラドル・レトリーバー
Labrador retriever
イヌの1品種。グリーンランド原産と考えられ,カナダのラブラドル地方から 19世紀に船でイギリスにもたらされた。本来は獲物をくわえて戻るように訓練された大型狩猟犬 (レトリーバー) であるが,現在は盲導犬警察犬 (麻薬・武器捜査犬) として世界で活躍している。下毛が防水の役目を果しているため,水中での活動も得意で,有能な水難救助犬になる。性質はやさしく,子供好きで家庭犬としての人気も高い。都会より郊外で飼うのに適した品種。体高は雄 56~57cm,雌 54~56cm。体重 24~36kg。四肢はがっちりとし,胸が広い。広い額と長い吻をもち,耳は垂れる。尾は毛が密集しており,根元が太くカワウソのそれに似る。被毛は短い。毛色漆黒か黄色。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬&猫:ペットの品種がわかる事典

ラブラドル・レトリーバー

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラブラドル・レトリーバー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラブラドル・レトリーバーの関連情報

他サービスで検索

「ラブラドル・レトリーバー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.