Rakuten infoseek

辞書

ラトケ

世界大百科事典 第2版

ラトケ【Johann Wolfgang Ratke】
1571‐1635
17世紀ドイツに輩出した教育学者の代表の一人。北ドイツに生まれる。言語教育改革から出発し,教育全般の改革にとりくむ。当時のドイツの分裂武力による抗争状態を憂え,言語政府宗教を統一することによる平和な社会の実現を願った。実験的な学校の新設教科書の編集などに力をつくしたが,いずれも志どおりには運ばなかった。自然の秩序に合致した教育方法を説き,教育における方法の固有の価値を認めた最初の人と評される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ラトケ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラトケの関連情報

関連キーワード

安土桃山時代(年表)三十年戦争ヌーネス=バレトナバレテ氏家卜全和田惟政サンアグスチン教会バル高山右近

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.