Rakuten infoseek

辞書

ラッスス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラッスス
Lassus, Orlandus; Lasso, Orlando di
[生]1530/1532頃.モンス
[没]1594.6.14. ミュンヘン
フランドルの作曲家。モンスの聖ニコラス大聖堂の児童合唱隊員として活躍。 1555~56年アントウェルペン滞在中,最初の曲集を出版。 56年バイエルンのアルブレヒト5世に招かれミュンヘンの宮廷礼拝堂楽長となり生涯この職にあった。 2000曲をこえるミサ曲モテトマニフィカトなどの宗教作品や,マドリガルシャンソンなどの世俗曲を残した。 G.パレストリーナと並び,16世紀後半の最も偉大な作曲家。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラッスス【Orlandus Lassus】
1532‐94
フランドル楽派の16世紀後半の最も多作な,最も重要な作曲家。イタリア風のラッソOrlando di Lassoとしても知られ,フランス風の綴りOrlande de Lassusも用いられる。生地モンス時代の資料はほとんど残っておらず,12歳のときにゴンザーガ家のフェランテに楽才を認められ,イタリアへ赴いたのが最初の記録である。マントバやミラノで音楽の研鑽を積み,早くも1553年にはローマのサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ教会の楽長に就任した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラッスス
らっすす
Orlandus Lassus
(1532―1594)
フランドルの作曲家。フランス語でオルランド・ド・ラッシュOrlande de Lassus、イタリア語でオルランド・ディ・ラッソOrlando di Lassoとよばれることも多い。フランドルのモンスに生まれ、早くからイタリアに出てナポリ、ローマなどで活躍、一度フランドルに戻ったあと、1556年からミュンヘンのバイエルン公の宮廷音楽家となり、63年には楽長に就任して、死ぬまでミュンヘンの宮廷で活躍した。ラッススは後期フランドル楽派最大の作曲家で、パレストリーナとともに後期ルネサンスを代表する巨匠である。作品の総数は2000曲を超え、ミサ曲、モテトゥス、マニフィカトなど多くの種類からなる宗教曲の分野では、ルネサンスの伝統的な様式によりながら、劇的な感情表現を示している曲も多くみられる。また多声世俗歌曲の分野では、マドリガーレをはじめとするイタリア語世俗歌曲、フランス語によるシャンソン、ドイツ語による多声リートなど、多彩な創作活動を行った。[今谷和徳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラッスス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラッススの関連情報

関連キーワード

シャンソン(フランス中世多声歌曲)ラブレーバビロニアコレッジョインカ帝国バーブル狩野正信アンドレア・デル・サルトバーブルマルガレーテ・フォン・エステルライヒ

他サービスで検索

「ラッスス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.