Rakuten infoseek

辞書

ラスコー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラスコー
Lascaux
南フランスのドルドーニュ県モンティニャック近郊のラスコーにある旧石器時代洞窟遺跡。 1940年穴に落ちたイヌを捜していた土地の少年たちが偶然発見した。そこに残されていた洞窟画アルタミラ洞窟の壁画と並んでフランコ・カンタブリア美術の最も有名な旧石器時代絵画で,野生のウマ,ウシ,ヒツジ,ヤギなどが黒,赤,黄,褐色などを使って多彩に描かれていた。さらに矢で射られた動物,野牛に襲われた人間 (鳥の頭の形をした単純な人体) など約 500の彩画と刻線画も含まれていた。洞窟は主洞,支洞,奥洞の3部分からなり,描かれた時期はオーリニャック期 (→オーリニャック文化 ) ,マドレーヌ期 (→マドレーヌ文化 ) と推定されている。発見後しばらく公開されたが,カビによる損傷がひどく閉鎖され,その後複製模型が「第2ラスコー」として公開された。 1979年付近の遺跡群とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラスコー(Lascaux)
フランス南西部、ドルドーニュ川の支流のベゼール川南岸にある都市。近郊のモンティニャックラスコー洞窟(どうくつ)がある。1940年にその中で発見された彩色の動物壁画は、後期旧石器時代終末期のものとされており、1979年に「ベゼール渓谷の先史時代史跡群と洞窟壁画群」の一部として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラスコー【Lascaux】
フランス南西部,ドルドーニュDordogne県モンティニャックMontignac村の南方にある旧石器時代の洞窟遺跡。1940年土地の少年たちによって発見された。洞窟は主洞(長さ15.5m,幅9m),奥洞(長さ30m,幅0.5~3m),主洞から通路を経て右に分岐する〈後陣〉(直径4mの円形),〈身廊〉(長さ25m,幅1~3m),〈井戸(竪坑)〉(井戸のように5m落ちこんだところ)と名づけられる支洞の3部分からなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ラスコー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラスコーの関連情報

他サービスで検索

「ラスコー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.