Rakuten infoseek

辞書

ラザフォード

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラザフォード
Rutherford, Daniel
[生]1749.11.3. エディンバラ
[没]1819.11.5. エディンバラ
イギリスの化学者,植物学者,医者。エディンバラ大学で医学を修める。同大学植物学教授兼植物園園長 (1786) 。王立病院医師 (91) 。リンネ協会会員 (96) 。 J.ブラック (炭酸ガスの発見者) に師事し,その示唆を受け,空気の成分のうち物の燃焼に役立たない物質を研究,1772年学位論文にまとめた。それによれば密閉した容器の中で,ろうそくとリンを燃やし,その残気をアルカリ液で処理したところ,アルカリ液に溶ける二酸化炭素 (当時は固定空気と呼ばれた) のほかに,溶けずに残る「有毒空気」が存在することを発見,これを当時のフロギストン説によって「フロギストン飽和気体」であるとした。数年後,A.ラボアジエがその詳しい性質を研究し,これが新しい元素 (現在の窒素) であることを解明した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラザフォード
Rutherford, Ernest
[生]1871.8.30. ニュージーランド,ネルソン
[没]1937.10.19. イギリス,ケンブリッジ
ニュージーランド生まれのイギリスの物理学者。ネルソン・カレッジを卒業。カンタベリー大学に学んだのち,1895年ケンブリッジ大学に留学,キャベンディッシュ研究所に入所。1898年カナダのマギル大学教授,1907年マンチェスター大学教授,1919年キャベンディッシュ研究所所長,1920年王立研究所教授を兼任。1923年イギリス科学振興協会会長,1925年ロイヤル・ソサエティ会長。電波検知器の考案,気体中のイオンによる電気伝導などの仕事ののち,1898年放射能の研究に転じ,α線β線γ線の別を明らかにし,1902年フレデリック・ソディとともに原子崩壊説を立てた。また 1906~09年にα線がヘリウムの原子核であることを実証。α線の金属箔による散乱の結果から有核原子模型を確立(→ラザフォードの原子模型)。1924年には原子核反応を実現した。物質構造の根本を明らかにしたことのほかにも,生涯を通じて有能な弟子の育成に励んだことなど,その功績は大きい。1908年ノーベル化学賞受賞。1914年ナイトの称号を贈られ,1931年初代ラザフォード・オブ・ネルソン男爵に叙せられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラザフォード
Rutherford, Dame Margaret
[生]1892.5.11. ロンドン
[没]1972.5.22. バッキンガムシャー,シャルフォントセントピーター
イギリスの女優。 1925年年齢的には比較的遅く演劇生活に入ったが,個性的な喜劇女優として認められた。当り役は O.ワイルドの『まじめが肝心』のプリズム (1939) やブラックネル夫人 (47) ,W.コングリーブの『世の習い』のウィッシュフォード夫人 (53) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラザフォード
Rutherford, Mark
[生]1831.12.22. ベッドフォード
[没]1913.3.14. ケント,グルームブリッジ
イギリスの小説家。本名 William Hale White。長らく海軍省に勤務したが,『自叙伝』 The Autobiography of Mark Rutherford (1881) によって文筆生活に転じ,内面生活の真摯な告白によって注目された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラザフォード
Rutherford, Samuel
[生]1600
[没]1661
スコットランドの新教徒聖職者。エディンバラ大学に学んで聖職につき (1627) ,アルミニウス主義批判の論文により非国教徒の嫌疑を受け,停職処分にされた (36) 。清教徒革命に際しては,スコットランド側委員として,1643年ウェストミンスター宗教会議に出席。その間,38年セントアンドルーズ大学神学教授,51年同大学学長。護国卿政権反対の運動に加わったが,王政復古により教職を奪われた。『法は王』 Lex rex (44) の著書で,法は王の上にあると説き,王権神授説に反対した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラザフォード(Ernest Rutherford)
[1871~1937]英国の物理学者。ニュージーランド生まれ。放射線を研究し、原子崩壊説を提唱。α(アルファ)線がヘリウム原子核であることを証明し、中心核をもつ原子模型を提示、さらにα線を当てて窒素の原子核の人工変換に成功し、原子物理学発展の基礎を築いた。1908年ノーベル化学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラザフォード【Ernest Rutherford】
1871‐1937
イギリスの物理学者。ニュージーランド南島のネルソン近郊に生まれた。クライストチャーチのカンタベリー・カレッジに学び,1895年奨学金(1851年ロンドン博覧会の収益による)を得て渡英,同年初めて他大学からの学生に対しても学位を与える学制改革を行ったケンブリッジ大学のキャベンディシュ研究所の研究生となる。当初,磁気検波器の改良を手掛けていたが,所長J.J.トムソンの勧めでX線による気体の電離について共同研究し,次いで紫外線による気体の電離作用の研究に進み,気体の電離作用を原理とする定量的な電気的測定法をあみだした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ラザフォード【Ernest Rutherford】
1871~1937) イギリスの物理学者。放射線の研究を行い α 線・ β 線を発見。また、原子自然崩壊説を発表しボーアとともに有核原子模型を提出、 α 粒子による原子核の人工変換に成功するなど原子核物理学発展の基礎を築いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラザフォード
(Ernest Rutherford アーネスト━) ニュージーランド生まれのイギリスの物理学者。放射性物質を研究、α・β・γ線を発見、また原子崩壊の法則を確立した。一九〇八年ノーベル化学賞受賞。(一八七一‐一九三七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ラザフォード
ラザフォード
Rutherford, Ernest

ニュージーランド生まれのイギリスの物理学者.地元ネルソン・カレッジに学んだのち,奨学金を得て1895年イギリスに留学.ケンブリッジ大学のキャベンディッシュ研究所で,最初の海外研究生としてJ.J. Thomsonの指導を受けた.1898年マギル大学の物理学教授に採用され,カナダのモントリオールに移住.1906年マンチェスター大学教授としてふたたびイギリスに移り,1919年にはThomsonの後任としてケンブリッジ大学教授兼キャベンディッシュ研究所所長になった.1931年貴族の称号を贈られ,Rutherford卿として上院議員に加わった.かれの最初の独創的な研究は,鉄の磁化に関するもので,かれはそれを微弱な高周波電磁波の検出に応用した.その実験手腕が買われ,Thomsonのもとでは気体の電気伝導の研究に加わった.その手法は,さらにウラン放射線による気体の電気伝導性の研究に活かされ,ウランの放射線がα線β線というまったく異なる二つの放射線を含むことを明らかにした.マギル大学では若い化学者F. Soddy(ソディ)と共同研究を行うことで,ウランの放射能崩壊による物質の同定を行い,ウラン原子の放射能崩壊系列を明らかにする仕事につながった.またイギリスに戻ったかれは,α線の散乱実験から,有名な有核原子模型を提出して原子構造研究への道をひらいた.1917年にはα線の照射によって,窒素原子が陽子を放出して酸素原子に崩壊することを示し,人工元素転換への端緒となった.また,ナチスドイツによってユダヤ人科学者の迫害が実行されると,科学者救援会議の議長としてその救済に立ち向かうなど,1937年に亡くなるまで社会的活動に積極的に加わり発言した.1908年放射性崩壊の研究でノーベル化学賞を受賞したのをはじめ,海外から多くの科学の賞を受けた.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラザフォード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラザフォードの関連情報

関連キーワード

丸山権太左衛門ゲーテ信達騒動怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)信達一揆吉田藩(三河国)レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)大塚家具県産の野菜博多あまおう

他サービスで検索

「ラザフォード」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.