Rakuten infoseek

辞書

ラクチド

化学辞典 第2版

ラクチド
ラクチド
lactide

】同一種類のヒドロキシカルボン酸2分子以上が,分子間でエステル化して環構造になった化合物の総称.ヒドロキシ酸に慣用名がある場合は,その英語名の末尾-ic acidを-ideにかえ,構成ヒドロキシカルボン酸の分子数を表す接頭語di-,tri-などをつけて命名する.【】ラクチド(lactide).3,6-dimethyl-1,4-dioxane-2,5-dione.C6H8O4(144.12).ジラクチドを単にラクチドという.乳酸を減圧蒸留すると得られ,D-,L-,DL-ラクチドの3種類の異性体がある.D-(+)-ラクチドはD-乳酸から得られる.斜方晶.融点95 ℃,沸点150 ℃(3.3 kPa).吸湿性が大きい.+281.6°(ベンゼン).エタノール,エーテル,ベンゼンに難溶.L-(-)-ラクチドは,L-乳酸より得られる.斜方晶.融点および沸点はD-(+)-ラクチドと同じ.-281.6°(ベンゼン).DL-ラクチドは,DL-乳酸より得られる.淡黄色の針状晶.融点124.5 ℃,沸点142 ℃(1.1 kPa).エタノール,エーテルに難溶.冷水で容易に加水分解される.[CAS 4511-42-6:L-ラクチド]【】トリサリチリド:C21H12O6(360.3).サリチル酸から容易に得られる.針状晶.融点201~203 ℃.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラクチド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラクチドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.