Rakuten infoseek

辞書

ラウエ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラウエ
Laue, Max Theodor Felix von
[生]1879.10.9. コブレンツ,プファッフェンドルフ
[没]1960.4.23. ベルリン
ドイツの物理学者。シュトラスブルク,ゲッティンゲン,ミュンヘン各大学に学び,チューリヒ大学教授 (1912) ,フランクフルト大学教授 (14) ,ベルリン大学教授 (19) ,ベルリンのマックス・プランク物理化学研究所所長 (51) 。理論物理に秀で,相対性理論,量子論などを研究。特に結晶がX線回折に適していることを理論的に示し,W.フリートリヒと P.クニッピングの協力を得てこれを実証し (12) ,結晶物理学の基礎を築いた。 1914年ノーベル物理学賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラウエ(Max Theodor Felix von Laue)
[1879~1960]ドイツの理論物理学者。結晶によるX線回折を行ってラウエ斑点を発見し、X線が電磁波であることと、結晶が格子構造をもつこととを同時に実証した。1914年ノーベル物理学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラウエ【Max Theodor Felix von Laue】
1879‐1960
ドイツの物理学者。コブレンツの近くにあるファッヘンドルフの生れ。1898年,シュトラスブルク大学に入学,翌年ゲッティンゲン大学に移り,W.フォークトの影響をうけて理論物理学に進んだ。さらにミュンヘン大学を経てベルリン大学に学び,O.ルンマーの影響で光学理論に関心をもつ。1903年M.K.E.L.プランクの下で学位を取得,05年プランクの助手となり,エントロピー概念の光学理論への導入研究やアインシュタインが提出したばかりの相対性理論の研究を行った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ラウエ【Max von Laue】
1879~1960) ドイツの理論物理学者。結晶体による X 線の回折現象を発見、 X 線の波動性と結晶の格子構造とを実証した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラウエ
らうえ
Max Theodor Felix von Laue
(1879―1960)
ドイツの理論物理学者。コブレンツの近郊に生まれる。ストラスブール大学およびゲッティンゲン大学で学び、ベルリン大学でルンマーの講義を聞いて光学に興味をもつとともに、プランクに師事して1903年に学位を得た。1905年プランクの助手となり、輻射(ふくしゃ)場のエントロピーに関する理論や、相対性理論の研究を行った。1909年にゾンマーフェルトが指導するミュンヘン大学の理論物理学研究所の私講師となった。
 ここで、X線が波動であることを証明するために、結晶の分子がつくる空間格子でX線を回折させることを思い付き、フリードリヒWalter Friedrich(1883―1968)とクニッピングPaul K. M. Knipping(1883―1935)が実験を行い、そこで生じる回折像をラウエが解析するという研究を1912年に成功させた。この研究がブラッグやモーズリーらを刺激し、X線分光学による原子構造の解析に道を開いた。「結晶によるX線回折の発見」により1914年ノーベル物理学賞を受賞した。1912年チューリヒ大学の員外教授、1914年フランクフルト大学教授を経て、1919年ベルリン大学教授となり、1943年まで在職した。この間、X線や電子線の結晶による回折、超伝導、光学、相対性理論、熱力学などの古典的研究を数多く行った。また、この時期、マイスナーWalther Meissner(1882―1974)が超伝導の実験を行っていた国立理工学研究所の顧問も務めた。
 ナチス政権下では、その政策に批判的で、ナチスの迫害を受けた科学者の救済や、亡命の援助に努力し、自らはドイツにとどまって、ナチス政権崩壊後の科学界の再興に備えた。
 ドイツ敗戦後、他の著名な科学者とともに、しばらくイギリスに連行されたが、帰国後、ハーンらとともに旧西ドイツのドイツ物理学会や国立理工学研究所の再建、カイザー・ウィルヘルム協会を改称したマックス・プランク協会の再興に努めた。1951年ベルリンのマックス・プランク協会フリッツ・ハーバー研究所長に就任、交通事故により80歳で死去するまでその任にあった。[川合葉子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラウエ
(Max von Laue マックス=フォン━) ドイツの理論物理学者。結晶体によるX線の回折を研究して、X線の電磁波としての性質を確かめ、また結晶解析学を開拓した。一九一四年ノーベル物理学賞受賞。他に超伝導に関する研究など。(一八七九‐一九六〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラウエ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラウエの関連情報

関連キーワード

ボアボードランモース(Edward Sylvester Morse)おもなお雇い外国人沼間守一ヒューズ琉球琉球処分ドンケル=クルティウスセベーリライシャワー

他サービスで検索

「ラウエ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.