Rakuten infoseek

辞書

ライ麦【ライムギ】

デジタル大辞泉

ライ‐むぎ【ライ麦】
イネ科の越年草。高さ1.5~3メートル。耐寒性が強く、コムギよりが長く、実も細長い。実を製粉して黒パンを作るほか、麦芽はウオツカビールの原料、穂にできる麦角(ばっかく)薬用とする。小アジアの原産で、東ヨーロッパを中心に栽培。日本には明治初期に導入、主に北海道で栽培。くろむぎ。なつこむぎ。ライ 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ライムギ【ライ麦 rye】
子実を食用飼料とするために栽培されるイネ科の二年草(イラスト)。葉の葉身の長さは10~25cmほどで,青色がかった緑色である。出穂して草丈は1.5~2.5mに達し,冬作のイネ科作物ではもっとも高くなる。穂は長さ10~18cmで,穂軸にが約30あり,各節に,小穂が1個ずつつく。小穂は3小花からなるが,最上部の小花は不稔となることが多い。小花の外側えい)の先端は長い芒(のぎ)となる。(穎果)はやや細長く,背面に縦溝があり,表面にしわが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ライむぎ【ライ麦】
イネ科の越年草。カフカス・小アジア原産。ロシア連邦・北欧諸国で作物として栽培。耐寒性があり、やせ地によく育つ。高さ約1.5メートル。穂は長さ約15センチメートル。果実は緑褐色または紫色で、製粉して黒パンを作る。穂につく麦角ばつかくは薬用。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ライ‐むぎ【ライ麦】
〘名〙 イネ科の一年草または越年草。カフカス・小アジア原産で、ロシア、ヨーロッパ、アメリカなどで栽培される。日本には、明治初期に導入され、主に北海道で栽培される。高さ一~二メートル。コムギに似ているが丈が高く葉はやや小さくて耐寒性が強い。初夏、稈の頂に長さ一〇センチメートルぐらいのやや扁平な円柱状の花穂をつける。黒パン、ウイスキーなどの原料となり、また、飼料・緑肥にされる。くろむぎ。ライ。〔外来語辞典(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライ麦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ライ麦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.