Rakuten infoseek

辞書

ライン地溝帯【らいんちこうたい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ライン地溝帯
らいんちこうたい
Oberrheinisches Tiefland
ライン川に沿う地域のうち、「上部ライン」沿いに南南西から北北東に細長く延びる地溝帯。長さ約280キロメートル、幅30~40キロメートル。南半部はライン川東岸がドイツ、西岸がフランスに属するが、北半部は両岸ともドイツである。東側にはオーデンワルト山地シュワルツワルト山地、西側にはプファルツァー・ワルト山地とボージュ山脈が連なる。ドイツでは気候のもっとも温和な地方であり、ブドウや果樹の栽培が盛ん。ドイツのフランクフルト、マインツ、マンハイム、ルートウィヒスハーフェン、カールスルーエ、フランスのストラスブール、スイスのバーゼルなどの都市がある。[浮田典良]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライン地溝帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ライン地溝帯の関連情報

他サービスで検索

「ライン地溝帯」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.