Rakuten infoseek

辞書

ライプチヒ大学【ライプチヒだいがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ライプチヒ大学
ライプチヒだいがく
Universität Leipzig
ドイツのライプチヒにある総合大学。 1409年ザクセン大公により,プラハ大学から移ってきた教師,学生を中心に設立され,15世紀北ドイツ最大の大学に発展した。 16世紀に入ると P.メランヒトンの影響を受けて人文主義的な性格を強め,1558年には J.コメラリウスによって学則が定められて最盛期を迎えた。その後一時停滞期を迎えたが,19世紀後半以降再び名声を回復。 1953年カルル・マルクス大学ライプチヒと改称したが,90年にかつての名称が復活した。文豪ゲーテ,大作曲家 R.ワーグナーらもここで学んだ。現在,神学法学,歴史・芸術・東洋研究,言語,教育,数学・コンピュータ科学,生命科学・薬学・心理学,物理・地球科学,化学・鉱物学,社会科学・哲学,スポーツ科学,獣医,医学などの学部のほか,ドイツ文学研究所などの付属施設をもつ。学生数約1万 9900名 (1997) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ライプチヒだいがく【ライプチヒ大学 Universität Leipzig】
ドイツのライプチヒ市にある大学。1409年プラハ大学から当地に移住したドイツ人教師と学生らにより創設された。メランヒトンの影響による1539年の人文主義的改革の結果,16世紀にはドイツ最大の大学となった。17~18世紀には保守的精神の学内支配により衰退した時期もあったが,19世紀に入り再び名声と勢力を回復した。第2次世界大戦で多大の損壊を受けたが,戦後いち早く再建がはかられ,東ドイツにおける中心的な研究・高等教育機関の一つとして発展した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ライプチヒ大学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ライプチヒ大学の関連情報

関連キーワード

高血圧仮面高血圧高血圧患者のみかたマツコ・デラックスウエルター級簡易裁判所スーパーライト級審級東洲斎写楽赤ちゃんの世話

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.