Rakuten infoseek

辞書

ライフ

デジタル大辞泉

ライフ(life)
生命。命。また、他の語と複合して用い、生命の、救命のための、の意を添える。「ライフボート」
一生。生涯。
生活。「ライフスタイル」
コンピューターゲームで、操作キャラクターの体力・生命力、乗り物の燃料などのこと。「ライフがゼロになる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライフ【Life】[書名]
米国のグラフ雑誌。1936年、週刊誌として創刊。写真を中心としたルポルタージュや特集で評判を得た。1972年に廃刊になったが、1978~2000年に月刊誌として復刊、2004~2007年には新聞折り込みの無料週刊誌として刊行された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ライフ
すえのぶけいこによる漫画作品。いじめにあった少女が友達に助けられながら成長していく姿を描いている。『別冊フレンド』2002年5月号~2009年3月号に連載。講談社コミックスフレンド全20巻。第30回(2006年度)講談社漫画賞 少女部門受賞。2007年、フジテレビ系列で「ライフ~壮絶なイジメと闘う少女の物語~」としてドラマが放映された。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライフ
株式会社ライフコーポレーションが展開するスーパーマーケットのチェーン。主な出店地域は近畿・関東地方。創業は1910年。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライフ
ホンダ(本田技研工業)が1997年から製造、販売している軽自動車。5ドアの小型ワゴン。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライフ
新潟県糸魚川市で2014年から提供されているご当地カクテル、ヒスイカクテルのひとつ。地酒「加賀の井」をベースとする生成り色のカクテル。加賀本陣が置かれた蔵の豊かさをイメージ。混ぜる材料は、アマレットカルーアなど店舗により異なる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ライフ【Life】
週刊誌《タイム》を創刊したルースHenry R.Luce(1898‐1967)が写真の時代の到来を見越して,1936年に創刊したアメリカの週刊雑誌。フォト・ジャーナリズムの雑誌として,アメリカの雑誌界に君臨し,ロバート・キャパのような,すぐれたフォト・ジャーナリストを数多く世に送り出した。しかし,テレビの時代が訪れると,他のマス・マガジンとともに広告収入をテレビに奪われ,予約購読者への郵送費の値上げも一因となって,72年ついに廃刊を余儀なくされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ライフ【life】
命。生命。
一生。生涯。
生活。
他の外来語の上に付いて複合語をつくり、救命のためのの意を表す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライフ【Life】
アメリカの週刊雑誌。1936年創刊。写真のもつ迫真性・実証性を生かした記事を特徴とする。72年廃刊。78年、月刊誌として復刊。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ライフ
Life
アメリカのグラフ雑誌。 1936年 11月 H.R.ルースが週刊誌として創刊。人間の生活や事件を目で確かめるという編集方針で幅広い題材を扱い,フォト・ジャーナリズムの一典型を確立,R.キャパに代表されるすぐれた報道写真家を輩出した。テレビによる広告の減収,雑誌の競合の激化などの原因から 72年廃刊し,78年月刊誌として復刊。アメリカの知識人の間でグラフ誌として愛読されたが,売上げが伸びず,出版元のタイム・ワーナーが廃刊を決定,2000年5月号をもって最終号とし,以後はブランド名として残すこととなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライフ
総合信販会社。 1948年登記上の設立。 52年広島市を本拠とする全職域指定店会として創業,チケットによる月賦販売事業を開始。 53年広島職域指定店協同組合に改組および商号変更。 55年広島全職域指定店協同組合,61年広島職域クーポン協同組合に改称するとともに,職域互助会を設立し融資業務を開始。 63年東洋信販, 67年チケットひろしまに社名を変更。 70年割賦債権買取り業務を開始。 76年現社名に変更。 79年信用保証業務,81年リース業務,84年損害保険代理店業務を開始。 98年日本長期信用銀行の経営破綻に伴い資金繰りが悪化,2000年会社更生法の適用を申請し,消費者金融会社アイフルの支援で再建。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ライフ
らいふ
Life
アメリカのグラフ雑誌。1936年に『タイム』誌の生みの親H・R・ルースにより週刊誌として創刊された。世界のできごとを「見てそして楽しむために、見てそして驚くために、見てそして学ぶために」(創刊のことば)大きな誌面いっぱいの写真で報道した『ライフ』は、たちまち大人気を得るとともに、フォト・ジャーナリズムの方法論を確立、世界中の雑誌に大きな影響を与えた。しかし60年代に入り、テレビの普及に伴って大衆向け大部数雑誌の魅力が薄れるなかで、広告の流出を食い止めようと、いっそうの大部数獲得をねらって予約購読料金のダンピングを続けたため経営が悪化、さらに郵便料金の値上げや不況に追い討ちをかけられた。70年には号当り850万部(1955年には560万部)にまで伸びたが、72年ついに休刊。その後78年に、部数レベルを一段下げ、月刊誌として復活したが、売れ行きの落ち込みにより、2000年5月廃刊となった。その後、アメリカのタイム・ワーナー社の雑誌出版部門であるタイム社が、2004年10月から『ライフ』を新聞の折り込み誌として復刊した。これは、提携した新聞の毎週金曜日版に折り込まれる無料週刊誌という形をとっている。[星川正秋]
『金平聖之助著『アメリカの雑誌企業』(1980・出版同人)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ライフ
(life)
[1] 〘名〙
① 生命。命。〔外来語辞典(1914)〕
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の人生観「勿論この『世』に生(ライフ)をうけてゐると云ふ事実は」
② 人の一生。生涯。
金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉中「其に就いては小説的の閲歴(ライフ)があるのさ」
③ 生活。
※小春(1900)〈国木田独歩〉三「自分の生活(ライフ)は決して平坦ではなかった」
[2] 〘語素〙 他の語に付いて、「救命のための」の意を添える。「ライフジャケット」「ライフボート」など。
[3] (Life) アメリカのグラフ週刊誌。一九三六年創刊、七二年廃刊。写真の持つリアリティーとすぐれた印刷技術を生かし、人間生活のあらゆる領域に取材。ルポルタージュや特集物で話題をよんだ。七八年に月刊誌として復刊。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ライフの関連情報

他サービスで検索

「ライフ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.